診療科・部門のご案内

薬剤部

新人薬剤師の声めざせ、専門・認定
病棟専任薬剤師実務実習
薬剤師外来新人教育について
一年を振り返って子育てへの協力
研究業績

    薬剤師

    薬剤師

     

    薬剤部組織

    薬剤部組織図  

     

    薬剤師の使命

    薬剤は薬剤師の基本

    調剤は薬剤師の基本。お一人、お一人の患者様に合った処方か、薬の量は適切か、飲み併せには問題が無いかなど、薬剤師の知識をフル活用して業務に当たります。清潔で安全な注射剤を使用していただくため、クリーンベンチ内で注射剤の混合も行っています。    

     

    入院患者様への服薬指導、病棟薬剤業務

    疑問や不安なくお薬を飲んでいただくため、ベッドサイドへ出向いて服薬指導を行います。また、お薬が充分効いているか、副作用はないかを確認し薬物治療を評価します。必要に応じて、医師に処方提案を行います。患者様が苦痛なくお薬を飲み続けてもらうために薬の形(錠剤、粉薬、シロップなど)に変更、服用タイミングを患者様の生活リズムに合わせることなどの提案もしています。

    退院時のお薬指導

    ご自宅に帰ってからもお薬を正しく飲んでいただけるように退院時は、お薬の飲み方、管理方法、お薬手帳の活用方法についても説明しています。

     

     

    チーム医療の中で薬剤師の専門知識を活かしています。

    糖尿病センター

    当院の糖尿病センターでは、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士など多職種の専門スタッフが教育入院指導や糖尿病教室を通じて糖尿病患者支援に携わっています。私はその中で教育入院患者の内服薬管理やインスリン自己注射手技指導、低血糖指導を行っています。糖尿病に対する知識や姿勢は患者様によって様々であり、それぞれのライフスタイルに寄り添った療養指導が必要です。そのため、糖尿病療養指導士の資格取得を目指して現在勉強しています。薬剤からのアプローチはもちろん、食事や運動療法など幅広い視野を持って治療に貢献していきたいと考えています。

    感染制御チーム

    抗菌化学療法認定薬剤師
    ICTでは医師、看護師、検査技師らとともに、病棟での環境衛生のチェック、清潔度合い、汚染物品の管理方法の確認、抗菌薬適正使用確認、各種感染症情報の把握やその情報の院内へのフィードバックを行っています。 薬剤師は主に、抗菌薬の適正使用に関与しています。ICTラウンドにおいて、特定抗菌薬使用患者のピックアップおよびプレゼンレーションを行い、医師、検査技師等と議論を交わします。また、院内の抗菌薬使用量の統計データ作成等をしています。薬剤部内ICTメンバーとしては、他の薬剤師の相談や勉強会を通して、薬剤師のレベルアップを目指しています。

    栄養サポートチーム

    NSTとはNutrition Support Team=栄養サポートチームの略で、医師、薬剤師、管理栄養士、看護師などで構成されています。NSTの役割は病態に合わせた適切な栄養管理を行うことです。栄養管理がきちんとされていないと本来治るべき病気も治るのに時間が罹ってしまうことがあります。薬剤師が栄養サポートチームで何ができるのでしょう?例えば「静脈栄養内容の検討」、「便通や血糖値に影響を与える薬剤の服用状況」、「食欲や嚥下機能に影響をもたらす薬剤の使用状況」などがあります。とりわけ静脈栄養に関しては医薬品を使用する栄養管理ですので知識を深めることで様々な提案ができます。当薬剤部においては病棟専任薬剤師がNST回診に参加しています。NST専門療法士の資格を持つスタッフも在籍していますのでサポート体制もできています。

    緩和ケアチーム

    緩和ケアチームは、医師・薬剤師・看護師・栄養士・理学療法士・ソーシャルワーカーで構成されていて、全てのスタッフがその専門の知識を集結させてラウンドとカンファランスを行っています。限られた時間をどう過ごしたいか、という目標は患者様によって違うので、ひとりひとりに時間をかけて面談を行い、その希望に沿った薬剤や剤形、投与経路などの提案を行っています。その中で薬剤師として求められることは、個々の薬剤の知識だけでなく、治療方針や検査値などをふまえた上での薬物療法提案や、患者様から希望を聞き出せるようなコミュニケーション能力などさまざまです。 私は今認定資格取得を目指して勉強中です。これからもっと知識をつけて一人でも多くの患者様に役立てるよう日々積み重ねていこうと思います。

     

    災害派遣医療チーム

    DMAT隊員・業務調整員

    DMAT隊員養成研修を修了し、今年度より松波総合病院DMAT隊員の一員となりました。2016年4月の熊本地震の際には、当院より派遣したチームの一員として現地で活動してきました。 これまで災害医療に薬剤師が関わることは少なかったと思いますが、最近では薬剤師がDMATの隊員(業務調整員)として選出されることが多くなりました。業務調整員ということで、超急性期においては事務的な任務もこなしますが、災害時の医薬品のニーズや被災者の投薬歴の把握、安全な薬剤の供給に薬剤師は必要とされてきています。事務的な任務から専門分野における任務まで、災害時には幅広く活動できる薬剤師(調整員)を目指していきたいと思っています。    

     

     

    責任を果たす薬剤師をめざして

    松本 利恵 薬剤部長

    平成24年4月病棟薬剤業務実施加算新設は病院薬剤師にとり新たな業務展開・拡大の始まりを告げ、当院は4月1日付けにて加算を取得しました。されど答申書の急性期医療の適切な提供に向けた医療従事者の負担軽減等についての附帯意見には薬剤師の病棟業務・チーム医療に関する調査・検証を行うことが含まれています。 昭和63年4月入院調剤技術基本料として開始され、現在病院薬剤師の重要な職務の1つになった薬剤管理指導と同様順調に点数をのばすことが出来るかあるいは加算が廃止されるかは、この2年に満たない間に実施されるこの調査・検証の結果次第です。 医療の質や医療安全の向上・医療従事者負担軽減への具体的な実績を証明すること無く、単に20時間以上の施設基準を満足させる目的だけの日誌記入では患者から信頼を受け、医師からの期待に応えることは決して出来るものでは在りません。 処方監査はいうまでもなく処方提案することが強く求められている今、自らの提案に自ら最後まで責任を持つことが薬剤師に科せられた最大の責務と考えます。 今後、PBPM(Protocol Based. Pharmacotherapy Management)の概念が市民権を得、医師と薬剤師とで合意されたプロトコールに基づいて薬剤師が新たな業務に挑戦できる薬剤部を目指したい。  

    関連情報
    薬剤師採用情報お問い合わせ
    治験について
    • 松波総合病院 facebook
    • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook