診療科・部門のご案内

肩、スポーツ外来(整形外科)

糖尿病センター組織図

組織図

肩、スポーツ外来(整形外科)のご案内

スポーツ障害

「スポーツ障害」では、一流の競技レベルの選手から趣味のスポーツレベルの方まで、広い範囲でスポーツに関連した外傷や運動器障害の治療を行います。スポーツ整形外科では早期に高いレベルへの機能回復を目指しますが、このような高度な医療技術を一般の患者さまにも積極的に還元しています。特に肩インピンジメント症候群、腱板損傷、反復性脱臼などの肩関節疾患へも関節鏡を用いた手術を積極的に行っています。膝関節の十字靭帯損傷に対する治療では、関節鏡を使って小さな皮膚切開により靭帯を再建し、スポーツを含めた機能回復を早期に可能にします。また、スポーツ整形外科では、スポーツによる外傷や障害を予防することも重要な仕事の一つであり、岐阜大学病院や連携医、スポーツ専門医の先生方と連携して今まで以上に活動を活発にさせたいと考えています。  

関節外科センター

  • 整形外科で扱う疾患、外傷は多岐にわたり、それぞれの部位に専門性が求められます。私(福田)が岐阜大学で7年間、関節外科グループとして診療していたこともあり2007年に当院へ着任以来、関節外科を中心とした整形外科診療を行ってまいりました。 患者様へのより高度な診療サービスの提供に尽力する所存です。

    主な対象疾患

    関節鏡視下手術

    • 肩関節(反復性肩関節脱臼⤴、関節唇損傷、腱板断裂⤴など)
    • 肘関節(野球肘⤴、関節ネズミなど)
    • 手関節(三角線維軟骨複合体損傷、手根管症候群など)
    • 股関節(関節唇損傷、大腿骨寛骨臼インピンジメント症候群など)
    • 膝関節(半月板損傷、前十字靭帯損傷、関節軟骨損傷など)
    • 足関節(足関節インピンジメント症候群、有痛性三角骨など)

    人工関節置換および再置換術(変形性関節症などにおける下記手術)

    • ※肘関節、足関節は現時点では行っていません。

    その他

    • 外傷性疾患などにおける再建手術
    • 股関節、膝関節の変性疾患に対する骨切り術
    医師紹介
    役職氏名
    整形外科部長・関節外科センター長福田 雅
    診療内容

    上記の対象疾患でご紹介いたしましたが、

    • スポーツ障害、外傷を含む各関節疾患の関節鏡視下手術。
    • 変形性関節症を代表とする関節の変性疾患に対する人工関節手術。

    この2つを診療の中心としています。 人工膝関節においては3Dテンプレートというレントゲン画像とCT画像を合成した3D画像から人工関節設置のシミュレーションを行うプログラムソフトを導入して1mm単位、角度では1°単位での骨切り量を検討し術前準備を行っています。更に術中はポータブルナビゲーションシステムを使用する事でより安定した成績が得られています。

    もちろん手術に至るまでの保存療法(リハビリなど)は手術以上に重要な治療と考えています。当院のリハビリテーション科とは緊密な連携のもとに個々の状態に応じたプログラムを検討、作成しています。ただ当院リハビリテーション科のキャパシティーもあり、全ての方に外来リハビリをご提供できない状況ですので診察時にご相談ください。

関連情報
ご予約について交通のご案内
診療時間・診療担当医表採用情報

 

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook