診療科・部門のご案内

子育てへの協力

子育て環境について

お母さん薬剤師

育休から復帰後、先輩方から「最初の1年は…」と言われていた通り、子どもが頻繁に熱を出し月に何度も休みを取っていました。最初は病児保育も考えましたが、上司から「小さいうちは側に居てあげて、後悔しないようにね」と言っていただき、急な休みも取れる環境を作って頂きました。上司だけでなく薬剤部のスタッフも急な休みにも対応してくれ、また子育て中の薬剤師や助手さんも多いため、育児の大変さを理解し合い、育児相談もでき心強いです。残業ができないためもう少し時間が欲しいと思うことがありますが、今まで以上に業務時間内で効率良くこなせるように日々考えながら仕事をしていくようになりました。育児と仕事の両立は大変だと経験して実感し、大変なことは変わりないのですが、この職場の雰囲気この環境があったから両立が継続できていると思います。

 

お母さんになって戻ってきました

昨年出産して、産休育休を経て復帰しました。 いざ働きだしてみると子供の風邪や予防接種などでお休みを頂かなければならないことが想像以上にあります。 また職種柄、当直や残業当番などもありますがそれもできなくなります。 それでも復帰を快く受けいれてくれる部署の雰囲気が本当に嬉しいです。また病院の託児所が利用できるためとても便利で助かっています。
今は、産婦人科の病棟専任薬剤師として日々働いていますが、慢性疾患をもちながら妊娠・出産する方もいるため、 そういった場合の投薬の可否や新生児への影響なども検討しています。 実際に自分が妊娠・出産したからこそ、妊娠中や授乳中の投薬への不安が理解できるようになり、 よりよい服薬指導に繋げられていることを実感します。

 

お父さん薬剤師

妻の復職と保育園の空きの都合もあり、平成273月に1ヶ月間の育児休暇を取得させていただきました。薬剤部では男性が育児休暇を取った前例はありませんでしたが、部長からは「大切な時期だからしっかり面倒を見てあげなさい。」と言っていただけるなど、快く受け入れていただけました。1ヶ月の育児休暇中にも子供は大きく成長し、それを見守ることができたことは良い経験となり、親としての喜びを感じることができました。また、平成2910月に第2子が産まれましたが、妻が妊娠中に切迫早産で自宅安静や入院が必要となり、2歳になった長子の面倒を自身が中心となって見なければならない時期もありました。その際にも残業を免除して頂き、なんとかその期間を過ごすことができました。第2子も無事産まれ、現在は2児の父です。妻も育児休暇終了後には復職予定であり、今後も育児を行っていく上で様々なことが起きると思いますが、必要に応じて勤務調整などの相談が可能な職場環境であることは就労・育児における安心につながり、非常にありがたいものと感じています。

 

先輩ママさんがいるから安心

産休・育休から復職して1週間が経ちました。毎日11つの作業や知識を思い出しながら仕事をしています。1年間のブランクに不安を抱いていましたが、1年目からベテランの先輩まで皆さんに助けてもらい思っていたよりはスムーズに復帰できました。先輩ママさん方にもアドバイスを頂きながら、育児・家事・仕事の両立を頑張っていきたいです!

 

関連情報
ご予約について交通のご案内
診療時間・診察担当医表採用情報
お問い合わせ

 

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook