診療科・部門のご案内

内科

糖尿病センター組織図

組織図

内科のご案内

主な対象疾患
内科では以下の疾患などを対象とします。
  • 一般内科外来
  • 内分泌・代謝外来
  • 糖尿病外来一般内科外来
  • ※紹介状をお持ちの方、松波総合病院北館の内科にお越しください。
  • ※紹介状をお持ちでない方は、まつなみ健康増進クリニックの内科にお越しください。
まつなみ健康増進クリニック 診療について
平成23年4月1日から松波総合病院の入院患者さんの対応をより一層充実するため、まつなみ健康増進クリニックの土曜日の診察を予約のみとさせていただきます。 誠に申し訳ありませんが、初診の患者さんには、近隣の開業医を受診していただくようお願い致します。万が一、初診で来院された患者さんには、近隣開業医一覧にてご説明またはご案内させていただきます。 なお、松波総合病院での診察をご希望の場合、紹介状をお持ちでない初診の患者さんには、診療費の他に特定療養費5,400円(消費税込み)をご負担していただいております。 また、紹介患者さん・救急車搬送患者さんの対応で待ち時間が非常に長くなる場合がございますので、予めご了承下さい。ご不便をおかけしますが、宜しくお願いいたします。 平成23年3月8日 まつなみ健康増進クリニック長
診療時間・診療担当医表
専門外来(禁煙外来)
  • 禁煙外来(予約制)
医師紹介
役職氏名
副院長 兼 医療本部副本部長村井 敏博
副院長 兼 診療局 診療局長 兼 人間ドック健診センター センター長 兼
まつなみリサーチパーク所長 兼 まつなみリサーチパーク研究員 兼
QSR推進室 室長 兼 糖尿病センター センター長
林 慎
臨床検査部 部長安田 圭吾
内科部長水上 哲秀
内科部長杉本 浩志
内科医員細川 寿子
内科医員山本 奈央子
内科医員矢島 久美子
内科医員日置 文良
内科医員宇塚 千紗
内科医員児玉 篤典
内科医員説田 浩希
内科医員鈴木 良平
診療内容

一般内科外来、内分泌・代謝外来、糖尿病外来にわかれ、診療を行っています。また、当院は臨床研修指定病院(厚生労働省)、日本内科学会認定教育病院、日本消化器病学会専門医制度認定施設、日本消化器内視鏡学会指導施設、日本超音波医学会専門医研修施設、日本糖尿病学会認定教育施設、日本内分泌学会認定教育施設、日本老年医学会認定施設の許可をうけています。

  • 平成16年1月:日本医療機能評価(Ver4)認定病院
  • 平成16年1月:急性期特定入院の病院指定(岐阜県下初)
  • 平成21年2月:日本医療機能評価(Ver5)認定病院
  • 平成26年1月:一般病院2(200床以上500床未満)(主たる機能)、リハビリテーション病院(副機能)認定病院

内分泌・代謝外来

当院には、日本内分泌学会の定める内分泌代謝指導医・専門医は3名在籍し、学会の定める認定教育病院です。毎週火、水曜日の午前中に内分泌代謝疾患専門外来を開いています。 内分泌代謝外来での対象疾患は、生活習慣病としての、糖尿病、高脂血症、高血圧、高尿酸血症はもとより、特に内分泌疾患については、甲状腺疾患が多いことは当然であります。最近では、健康診断で見つかった甲状腺腫瘍の方が非常に多くなっており、当院では、速やかに超音波検査を行い、必要なものはすぐその場で、細胞診を行うことによって、治療方針を速やかに決定します。甲状腺機能亢進症の治療も、院内での速やかなホルモン測定により、来院当日に測定結果が判明し、来院日に治療薬の増減を決定しています。 また、近年、当院程度の規模の病院で年間15例前後の新患者が発見される、副腎偶発腫瘍に対する対応が問題となっていますが、当院では、治療が必要な副腎腫瘍であるのか、あるいはプレクリニカルクッシング症候群や、単に外来経過観察でよいものかの判定をできる限り外来で行い、患者さんの負担の少ない医療に心がけています。勿論、手術適応のある副腎腫瘍に関しては、できる限り腹腔鏡的に摘出し、早期退院を目指しています。 プレクリニカルクッシング症候群については、偶発副腎腺腫摘の20%程度に見られるとの意見もありますが、ケースバイケースで対応しています。無月経、不妊の患者さんの中には、下垂体腫瘍の方が意外に多くみられ、産婦人科との協力のもとに、下垂体腫瘍の早期発見にも努めています。特に機能性の下垂体微小腺腫は完全摘出による治療が極めて高度の技量を要求されますが、当院では、同手術の専門脳外科医による手術を行っています。 高血圧疾患についても、全高血圧患者さんの15-20%は二次性高血圧であることを念頭に置き、未治療患者さんでは、初診時にできるかぎり二次性高血圧と本態性高血圧の鑑別の検査を行い、効率のよい治療を行うことに努めています。

糖尿病外来

糖尿病外来では、教育入院、栄養指導、運動療法を始め、各種イベント[(1)~(4)]を開催し、患者さんの啓蒙に勤め、日本糖尿病学会研修指導医4名、日本糖尿病学会専門医2名、糖尿病療養指導士12名を含め、管理栄養士、理学療法士、薬剤師がお互いに連携を取りながら対応しています。 平成12年6月より、「個別型糖尿病療養指導2週間コース」を開始し、病棟看護婦と生活習慣病管理部スタッフの連携を行い、よりきめ細やかに患者さんに対応した療養指導入院を行っています。指導は1対1の個別ですから気がねなく対話ができます。また退院後は紹介病院へスタッフの指導経過報告書、終了サマリーを郵送させていただいています。

教室・講演会などについて

(1)入院向け糖尿病教室

日時:毎週水・金 13:00~14:00
場所:南館7階デイルーム
内容:1ヵ月でひととおりのお話をします。一般参加も可能です。

(2)糖尿病教室

日時:年4回開催 14:00~16:00
場所:松波総合病院 南館1階講堂
内容:「糖尿病とその治療について」ひととおり一日で学びます。(夏・冬)
3回にわたり、専門スタッフが糖尿病について詳しくお話しします(春・秋)

(3)特別講演

日時:春と秋の2回開催 14:00~16:00
場所:松波総合病院 南館1階講堂
内容:各科の糖尿病担当医の講演です。

(4)実習会(対象患者様 各30名)

内容:4月)調理実習会 6月)運動・食事実習会 10月) 野外実習会

 

クリニカルインディケーター・治療実績

関連情報
ご予約について交通のご案内
診療時間・診療担当医表採用情報
お問い合わせ

 

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook