診療科・部門のご案内

泌尿器科

糖尿病センター組織図

組織図

泌尿器科のご案内

主な対象疾患
  • 尿路・性感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎)
  • 尿路、生殖器腫瘍(腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、前立腺肥大症、陰茎癌、精巣腫瘍)
  • 尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石)
  • 腎不全(血液透析の導入、維持透析)
  • 神経因性膀胱、尿失禁、夜尿症、ED(性機能障害)、男性不妊症
  • ※松波総合病院北館の泌尿器科にお越しください。(紹介状をお持ちの方・紹介状をお持ちでない方)
診療時間・診療担当医表
医師紹介
役職氏名
血液浄化センター 兼 人工透析センターセンター長長谷川 義和
泌尿器腎臓科部長濱本 幸浩
泌尿器生殖科部長萩原 徳康
泌尿器科医員富岡 奨幸

クリニカルインディケーター・診療実績

 

主な検査・医療機器
  • 膀胱、尿管、腎盂ファイバー
  • 超音波診断装置(経腹、経尿道、経直腸的)
  • 下部尿路機能検査装置(尿流量測定、膀胱内圧測定、尿道抵抗測定、括約筋筋電図)
  • 尿路撮影用レントゲン装置
  • ESWL(体外式衝撃波結石破砕装置)
  • YAGレーザー(結石砕石用)
  • 手術支援ロボット(ダヴィンチSi)

 

実績

外来患者数2014年度2015年度2016年度2017年度
初 診824名731名573名617名
再 診9,345名9,995名9,686名9,675名
手術件数2012年2013年2014年2015年2016年2017年
腹腔鏡下副腎摘除術9件9件6件7件6件8件
腎部分切除術0件2件0件1件2件0件
腹腔鏡下腎摘除徐術7件3件3件11件11件12件
開腹腎摘除術4件6件3件2件5件0件
腹腔鏡下腎尿管摘除徐術2件2件5件6件8件6件
開腹腎尿管摘除術1件4件0件1件1件0件
体外衝撃波23件21件26件27件42件26件
経尿道的尿管結石摘除術20件26件28件36件40件79件
膀胱全摘除+尿路変更術2件6件2件7件2件2件
経尿道的膀胱結石摘除術6件6件3件4件3件9件
手術件数2012年2013年2014年2015年2016年2017年
経尿道的膀胱腫瘍切除術35件50件28件45件39件59件
ロボット支援前立腺全摘除術9件18件25件28件20件20件
経尿道的前立腺切除術8件0件1件5件6件2件
精巣腫瘍摘除術3件2件4件0件5件4件
停留精巣固定術3件0件6件3件1件0件
精巣捻転手術0件2件2件3件1件0件
腹腔鏡下内精巣静脈結紮術0件4件2件3件6件8件
顕微鏡下精巣内精子採取術15件8件9件13件12件14件
陰嚢水腫手術2件4件3件4件1件5件
陰茎癌手術1件1件1件1件0件0件

 

『ダヴィンチSi』について
『ダヴィンチSi』による前立腺がん全摘手術

1img01

前立腺の全摘手術は、早期の前立腺がんを根治させる基本的な治療法です。この全摘手術を、より安全・確実に行う方法として注目されているのが、ダヴィンチSi によるロボット支援手術。松波総合病院でも、これまで4例のロボット支援前立腺全摘手術を行い、いずれも成功しています。そこで、執刀医の先生に、ロボット支援手術の現状とそのメリットについて話を聞きました。
手術支援ロボット『ダヴィンチSi』による前立腺全摘手術とは?
前立腺がんの治療方法は?

前立腺がんの治療方法には、全摘手術、放射線療法、薬物療法などがあり、がんの進行状況にあわせて組み合わせられます。比較的早期の場合は、手術、放射線治療などの根治的治療で治すことができます。また、手術には、おなかを大きく切る開腹手術と、おなかに小さな穴をあけ、腹腔鏡という器具を体の外から操作する腹腔鏡手術があります。  

高い技術が必要な前立腺全摘手術

img03

前立腺は膀胱のすぐ下にあって、尿道の周囲をとりまくクルミ大の臓器です。周囲には血管や尿道の筋肉、勃起神経などが網の目のように走っていることから、 開腹手術は出血しやすく、近くの神経や筋に対して繊細な剥離操作が困難のため、尿失禁や直腸損傷といった合併症を起こす恐れがあります。 一方、腹腔鏡手術は術後の痛みも少なく、回復が早いという利点がありますが、狭い骨盤内で画像を見ながら棒状の器具を操作するのは難しく、習熟に時間がかかります。これらの課題をクリアし、開腹手術と腹腔鏡手術、それぞれの利点をさらに向上させたのが、ロボット支援手術です。
ロボットアームで、前立腺がんの全摘手術

1img04

「ロボットが手術する」と聞くと、鉄腕アトムのようなロボットが手術している場面をイメージする人が多いかもしれませんが、ダヴィンチSiは手術する医師を支 援する機械で、実際は医師が手術台から離れたところにあるコンソールボックスの中で、拡大された体内の3D画像を見ながら器具を操作して手術を進めます。 手術は手術用ロボットの専門的訓練を受けた資格のある医師のみが行うことができます。
ロボット支援手術は、患者さまにも医師にも大きなメリット

術野がよく見え、安全・確実に手術できる。 おなかにあけた小さな穴からカメラや器具を挿入し、おなかを炭酸ガスでふくらませるところまでは腹腔鏡手術と同じですが、異なるところは、手術がよりスムーズにできること。腹腔鏡で見る画像は2次元の画像ですが、ダヴィンチSiは3Dの立体像で、肉眼では見えない前立腺の裏側や狭い部位まで自由に拡大してみることができるため、より正確に手術が行えます。 医者の手の動きを正確かつ繊細に再現できる。 器具の先端は人の手や指のように自在に動かせる上に、ミリ単位以下の細密な動きや回転もできるので、患部の切除や血管の縫合などをより精密・安全に行うことができます。さらに安全チェック機能や手ぶれ防止機能も付いているので、精密かつ確実に、そして安全に手術が行えるようになりました。これは執刀医のストレス軽減にもつながります。

前立腺全摘手術は、体への負担が少ない『ダヴィンチSi』が有利!

1img05

ダヴィンチSiの最大のメリットは、術野がよく見えて安全に手術を行えること。人間の手の届かないような狭いところにまで器具を入れてスムーズに操作できるため、技術的に難しいと言われる前立腺がんの摘出手術においても、神経や血管、臓器を傷つけずにがんを完全に切除することができます。また、全摘手術では、前立腺を切除したあとに残った膀胱と尿道をつなぎあわせますが、ダヴィンチSiなら膀胱と尿道の縫合が適切にでき、また神経温存ができることから術後の尿失禁も少ないと期待されています。 実際、当院でダヴィンチSiによる全摘手術を受けられた4人の患者さま(50代~70代の男性)は、いずれも手術中の出血量が少なく、従来の手術ではたびたび見られた術後の膀胱・尿道吻合不全や尿失禁もまったくありませんでした。また、術後の回復も非常に早く、手術の翌日には自力で歩き、翌々日には食事もしっかりとられ、10日間の入院で退院されました。
前立腺全摘手術は、体への負担が少ない『ダヴィンチSi』が有利!

1img06

【ダヴィンチSi手術】
  • 傷が小さく、術後の痛みが少ない。術後の回復も早く、ほとんどの人が手術の翌日には自力で歩くことができ、水分や食事をとることができる。入院期間も短い。
  • 出血量が少ない(出血量の平均は200cc以下)。
  • 拡大視野のため、がん細胞などを全て取り除く確率が向上し、根治性が高い。
  • 膀胱と尿道を正確につなぎあわせることができる。また神経温存ができることから術後の膀胱・尿道吻合不全や尿失禁を最小限に抑えることができる。

1img07

【開腹手術】
  • 傷の大きさが約15~20cmと大きいため、術後の痛みが強い。
  • 人の目で見える範囲が限られており、繊細な剥離操作が困難のため、手術中の出血量が比較的多い(出血量の平均は800~2,000cc)。
  • 尿道と膀胱をつなぎあわせることが技術的に難しく、膀胱・尿道吻合不全や尿失禁などの合併症を起こす恐れがある。
アメリカでは前立腺全摘手術の8割がロボット支援手術です。

ダヴィンチSi手術の先進国であるアメリカでは、現在1,200台を超えるダヴィンチSiが稼働し、泌尿器科をはじめ婦人科、心臓外科、消化器外科などで積極的に行われています。とりわけ前立腺がん手術では、このロボット支援手術が大きな広がりを見せ、年間10万件のロボット支援前立腺全摘手術が施行されており、年々開腹手術は減少傾向となっています。

医師より患者さまへメッセージ

ロボット支援手術で、より患者さまにやさしい治療を。

近年、前立腺がんに対する手術は、体への負担が少ない腹腔鏡手術が主流となりつつあります。同じ手術を受けるのであれば、小さな傷で痛みが少なく、回復の早い手術を希望するのは当然だと思います。 ダヴィンチSiによるロボット支援手術は、体にやさしい腹腔鏡手術をさらに安全・確実に行うことを可能にしたもので、全世界ではスタンダードな手術方法となっています。私自身、実際にロボット支援手術を行ってみて、そのメリットは患者さまにとっても医師にとっても想像以上に大きく、日本でも近い将来、前立腺がんの全摘手術はロボット支援手術に切り替わっていくだろうと確信しています。 この前立腺がんの最先端手術を希望される方、手術の詳細をご確認なさりたい方は、一度当院泌尿器科外来にお声をおかけください。

関連情報
ご予約について交通のご案内
診療時間・診察担当医表採用情報
お問い合わせ
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook