診療科・部門のご案内

総合内科

糖尿病センター組織図

組織図

総合内科のご案内

医療の専門化、細分化が進むなか、総合内科外来ではこれまで専門医が十分取り組むことが困難であった臨床医学全般から診断、治療にあたります。どの科を受診したらよいか分からない方、複数の病気で、どの科から受診したらよいか分からない方を対象に診療を行い、必要に応じて専門科への紹介をさせていただきます。
  • ※紹介状をお持ちの方、松波総合病院北館の内科にお越しください。
  • ※紹介状をお持ちでない方は、まつなみ健康増進クリニックの内科にお越しください。
主な対象疾患
総合内科では以下の疾患などを対象とします。
  • 診断が未確定な疾患(不明発熱、意識障害など)
  • リウマチ(膠原病)・血管炎症候群(アレルギー)などの自己免疫病
  • 感染症
  • 血液疾患(急性白血病や骨髄移植適応がある患者さんは除きます)
  • 内分泌代謝疾患
  • 複数臓器に疾患を持つ患者さん
医師紹介
役職氏名
副院長・内科部長 兼 総合内科部長 兼 地域医療介護連携センター センター長 兼 入退院センター センター長村山 正憲
総合内科副部長山田 梨絵
総合内科副部長 兼 救急医療センター傍島 卓也
総合内科医長岩田 暁
総合内科医長杉山 嘉宏
総合内科医員武井 教恵
総合内科医員川田 麻衣子
総合内科医員坂本 哲朗
総合内科医員小出 祐也
総合内科医員髙橋 佳大
総合内科医員向 真人
総合内科医員杉野 正晃
総合内科医員山岸 靖昌
総合内科医員山川 顕吾
総合内科医員大野 彰久
診療内容
各診療科専門医師や各部門職と連携・協力しつつ診療を行ない、主治医として中心的役割を果たします。

総合内科カンファレンス集

隔週土曜日の午後2時から、スタッフドクター、地域の先生方を対象に総合内科の疾患に関するカンファレンスを行っております。下記の各症状・年齢・性別からご覧になれます。

●食欲低下、浮腫を呈した75歳女性

 

診療実績

2017年度内科系全体の入院患者数は4,708人で、うち総合内科は2,350人を担当いたしました。下記図1のように年々増加してきています。2017年度総合内科入院患者の分野別入院割合を図2に示しています。

学会発表

全国会10件、地方3件に演題を提出し発表いたしました。ACP(米国内科学会)日本支部年次総会2016において、「Dostor’s Dilemma」のセッションに当院後期研修医2名がペアで参加し優勝いたしました。2017年4月に米国サンディエゴで開催される米国内科学会総会での本戦に参加資格を得、派遣されることとなりました。

 
関連情報
ご予約について交通のご案内
診療時間・診察担当医表採用情報
お問い合わせ

 

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook