医療情報

がんなどの病気にかかると、さまざまな苦痛が現れます。でも、多くの患者さんは、痛みは我慢するものと思ってきました。そんな患者さんの痛みを少しでも和らげ、とりのぞくお手伝いをするのが、私たち「緩和ケアチーム」。痛みはとりのぞいたり、和らげたりすべき症状です。 体や心の痛みが現れたら、我慢しないで私たちに伝えてください。痛みをとりのぞくことで、あなたらしさが戻ってきます。

緩和ケアチームとは?

構成メンバー

  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • 理学療法士
  • ソーシャルワーカー
  • 管理栄養士

主な活動内容

  • 毎週1回チームで病棟を回診後、検討会を行う
  • 毎月1回研究会を開催
  • 専門家招いての勉強会や研究会を定期的に開催

緩和ケアチーム メンバー紹介

staff1

春日井 敏夫
松波総合病院 副院長 兼 呼吸器外科部長 聞かせてください、あなたの痛み。 緩和ケアとは、病気になったことで起こる体や心の様々な苦痛を和らげ、患者さんとご家族にとって、できる限り良好な生活の質を実現させるための医療です。「家に帰って家族と一緒に最期を迎えたい」とか「痛みがなければやりたいことがある」など、患者さんが望むことの手助けをし、最期までより自分らしく生きていけるように治療し支えていくことが一番の役割だと思っています。痛みが強かったり、不安や気分の落ち込みがひどい時は我慢をせず、医師や看護師に伝えてください。

staff2

小園 典子
松波総合病院 がん性疼痛看護認定看護師 患者さんの痛みやだるさ、ストレス、孤独感などを和らげ、自分らしさを取り戻せるようにサポートしていくのが、1日24時間、一緒にいる看護師の役割。そのためにも、まずは患者さんのつらさや思いに寄り添い、患者さんの気持ちを受け止めてあげることが大切だと思っています。

staff3

五十川 有紀子
松波総合病院 看護師 患者さんとご家族の体や心理的なつらさ、孤独感などを少しでも軽減できるよう、チームのメンバーと力をあわせてケアさせていただいています。痛みの治療は伝えることから始まります。「痛くて、夜眠れない」「ストレスがたまる」など、どんなことでも私たちにお聞かせください。

staff4

竹村 恵里菜
松波総合病院 薬剤師 痛みを和らげるための薬の使い方や効果、副作用など、薬剤師の視点から様々な相談にのっています。特に医療用麻薬の使用については、患者さんの不安が大きいので、安心して「痛みから解放」できるような説明、正しい情報を提供していきたいと考えています。

staff6

堀 弘美
松波総合病院 管理栄養士 食べることは患者さんの楽しみや生きる希望につながります。食欲が落ちたり、ものが食べにくくなった時は、調理や食べ方の工夫をして、患者さんの「食べたい」という気持ちに応えたいと思っています。食事の相談を通して患者さんやご家族の力になれればうれしいですね。

staff7

山崎 康司
松波総合病院 理学療法士 緩和ケアにおけるリハビリの役割は、患者さんの生活の向上を目的に、食事やトイレなどの日常動作をできるだけ自分でやれるようにサポートすること。主治医と相談しながら、患者さんの「歩きたい」「動きたい」という要望に応えるためのリハビリを行っています。
関連情報
チーム医療について 感染対策チーム(ICT)
呼吸ケアチーム 栄養サポートチーム(NST)
褥瘡(じょくそう)対策チーム 緩和ケアチーム
認知症ケアチーム
医療情報 お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook