医療情報

   「手洗いの徹底」は感染症を防ぐ最も有効な手段です!

最近、ニュースなどでよく耳にする「院内感染」。 病院はたくさんの病気が集まるだけに、さまざまな菌が活発に活動し、免疫が低下した患者さんが感染しやすいというリスクが潜んでいます。 当院では、入院中の患者さんがこうした感染症にかかることなく、安心して病気の治療に専念できるよう「感染対策チーム(ICT)」を組み、力をあわせて院内感染対策に取り組んでいます。

感染防止対策に関する取り組み事項

感染対策チーム(ICT)とは?

CTとはInfection control team(インフェクション・コントロールチーム)の頭文字をとったもので、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職からなるメンバーで構成。その役割は大きく分けて次の2つになります。
  1. 感染症予防という観点からみた療養環境の整備
  2. 感染症に対する良質かつ適切な医療の提供

具体的な活動内容

  • 1週間に1回病院全体を巡視して感染対策の実施状況を確認し、指導、助言を行う。
  • 院内感染発生時には迅速に対応し、院内感染が広がることを防ぐ。
  • 抗菌薬の使用状況の把握と適正使用の推進
  • 正しい手洗い、消毒、清掃、使用した医療用品の取り扱い、職員の健康管理など、病院の全職員に感染予防活動の普及、啓発を行う。
  • 月1回の全体会議を開催。
  • 専門家を招いて定期的に講習会を開催。

感染対策チーム メンバー紹介

日置 敦巳
診療局 医療管理監査役 兼 院内感染対策室室長 ウイルス・細菌などの病原体は、人のからだで増殖して発熱、下痢、咳などの症状をひき起こします(感染症)。患者さんの中には、病原体に対する抵抗力が落ちていて、よりその被害を受けやすい方もおられます。感染制御チームでは、療養環境や診療体制などをチェックしつつ、感染症の発生を防ぐとともに、地域の関係者の方々とも連携してその被害を最小限にとどめるよう努めております。手指消毒や咳エチケットのお願いもその一環です。ご協力をお願いいたします。  

staff2

文字 雅義
看護師長 兼 感染対策室感染管理者 感染管理認定看護師の役割は、全ての患者さん、来院者、職員を感染症から守ること、そのための効果的な予防および管理を院内全体で実践することにあります。今後もより専門性を深め、安全で質の高い医療を患者さんに提供できるよう努力していきたいと思っています。

土本 暁斗
薬剤部 感染対策チームの薬剤師として抗菌薬が安全かつ適切に使われているかを確認しています。感染対策の中で薬剤師の果たすべき役割は、感染症の薬物治療効果をより高める上でとても重要だと考えています。多職種がチームに参加しているので薬のスペシャリストとしてチーム医療に貢献していきます。

宮崎 崇
中央検査室 感染症を発症した患者さんの検体(喀痰、尿、血液など)から、原因となる細菌を検出し、その菌に対する薬剤感受性試験を行っています。院内感染対策上、重要な細菌を認めた場合、感染制御チームにて情報を共有し、院内感染の拡大を防止できるように努めています。
関連情報
チーム医療について感染対策チーム(ICT)
呼吸ケアチーム栄養サポートチーム(NST)
褥瘡(じょくそう)対策チーム緩和ケアチーム
認知症ケアチーム
医療情報お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook