医療情報

「褥瘡」とは、一般的にいう「床ずれ」のこと。かつては「褥瘡をつくるのは看護の恥」などと言われたこともありましたが、褥瘡対策はいまや病院全体で取り組む時代。そこで、今回は「褥瘡ゼロ」をめざして地道な活動を続けている「褥瘡対策チーム」をご紹介しましょう。

IMG_0892

 

褥瘡対策チームとは?

構成メンバー

  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 管理栄養士
  • 看護補助者

主な活動内容

  • 週1回の褥瘡回診
  • 毎月1回の会議
  • 専門家を招いての勉強会や講習会を定期的に開催

褥瘡対策チーム

staff1

北澤 健
松波総合病院 形成外科部長 褥瘡は、ずっと同じ格好で寝ていたり、座っていることによって、血液の流れが悪くなり、皮膚やその下にある組織が傷ついてしまう状態をいいます。一度できると治りにくくなることもあるため、予防が大切になります。褥瘡予防には、こまめな体位変換や衛生管理、加えて栄養管理が必要になるなど、多方面からのアプローチが必要です。そこで当院では、いろんな職種のスタッフがチームを組み、情報交換をしながら、褥瘡の治療・ケアにあたっています。また、各病棟には褥瘡担当の看護師(リンクナース)がおり、褥瘡をつくるリスクが高そうな入院患者さんを随時あげてもらい、褥瘡予防に努めるほか、褥瘡ができてしまった場合も、それ以上悪化しないよう治療を行っています。
関連情報
チーム医療について感染対策チーム(ICT)
呼吸ケアチーム栄養サポートチーム(NST)
褥瘡(じょくそう)対策チーム緩和ケアチーム
認知症ケアチーム
医療情報お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook