法人について

※「平成27年度の病院指標を見る」をもう一度押すと閉じます

平成27年度 松波総合病院 病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 230 161 225 364 527 704 1579 2370 1655 418
【定義】 ・平成27年4月1日から平成28年3月31日までの退院患者 ・入院後24時間以内に死亡した患者は除く ・年齢階級別は10歳刻みの患者数で90歳以上を1つの階級として設定 【解説】 退院患者数は8,233名で、70歳以上の退院患者様の割合が多く、全体の73.1%を占めています
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)-手術なし-処置2:なし 277 18.90 14.34 2.9% 78.1
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 123 33.64 21.69 8.9% 83.0
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症-手術なし 99 23.94 12.60 2.0% 79.0
【定義】 ・診断群分類とは、入院中に最も医療資源を投入した傷病名と行った手術や処置等から分類されるものです ・診療科名は1入院で複数の科へ転科した場合でも、医療資源を最も投入した傷病の診療科で集計 ・「-(ハイフン)」は10件未満の症例 【解説】 当院は、一般病棟(急性期病棟)とその他病棟(回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟・障害者病棟)があり、一般病棟からその他病棟へ 転棟後退院された場合もすべての入院期間が含まれるため、平均在院日数が全国平均より長く集計されます 患者数は、肺炎で手術なしが最も多く、次に誤嚥性肺炎、次に尿路感染症の順で多くなっています
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置2:なし 58 8.36 13.03 0.0% 71.1
040200xx01x00x 気胸-肺切除術等-処置2:なし-副病:なし 10 7.90 9.68 0.0% 37.4
【解説】 肺癌で手術を行った患者数が最も多く、次に気胸の患者数が多くなっています 疾患の特性上気胸の平均年齢が若くなります
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息-処置2:なし-副病:なし 64 6.72 6.31 0.0% 3.3
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)-処置2:なし 30 5.77 5.72 0.0% 4.2
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 12 5.50 6.17 16.7% 0.0
【解説】 喘息の患者様が最も多く、次いで肺炎、低出生体重での入院患者様です
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等-副病:なし 44 3.70 5.56 0.0% 37.5
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 43 5.35 6.96 0.0% 66.1
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)-処置2:なし 33 6.94 6.79 0.0% 61.8
【解説】 虫垂炎で手術ありの患者数が最も多く、次に胆嚢結石で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った患者様が多く、次に乳癌で手術ありの患者様の順です
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 55 28.45 28.70 9.1% 79.1
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-その他の手術あり-処置2:なし 32 17.75 18.44 0.0% 69.0
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)-腱縫合術等 21 6.76 11.98 0.0% 34.7
【解説】 大腿骨頸部骨折で人工骨頭挿入術を行った患者数が最も多く、次に多いのは脊柱管狭窄症に対する手術を行った症例です。肘、膝の外傷は主に半月板損傷や靱帯損傷の疾患で、手術を行った症例を多く行っています
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂-手術あり-処置2:なし 106 2.08 3.54 0.0% 62.4
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)-鼻骨骨折整復固定術等-処置1:なし-処置2:なし 24 2.88 5.86 0.0% 28.8
【解説】 当院は眼瞼下垂の治療に特に力を入れており、症例数も最も多く、次に外傷特に、鼻骨骨折に対する整復術を行っています
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010060x002x3xx 脳梗塞(JCS10未満)-経皮的脳血管形成術等-処置2:3あり 34 17.21 31.45 5.9% 70.6
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 31 22.81 10.02 0.0% 72.2
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-手術なし-処置2:なし-副病:なし 13 12.00 7.52 0.0% 49.5
【解説】 脳梗塞で手術を行った症例が最も多く、頭蓋・頭蓋内損傷(主にくも膜下出血と慢性硬膜下血腫)の症例が多くあります
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-ステントグラフト内挿術-処置2:1あり-副病:なし 13 13.23 16.65 0.0% 76.7
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患-その他の手術あり-副病:なし 13 4.85 3.46 0.0% 67.6
050170xx0221xx 閉塞性動脈疾患-動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等-処置1:2あり-処置2:あり 12 89.42 74.11 16.7% 67.3
【解説】 心臓血管外科では特に、大動脈瘤と静脈・リンパ管疾患(主に下肢静脈瘤)で手術を行った患者数が最も多く、次に閉塞性動脈硬化症で手術を行う症例が多くなっています
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等 41 10.76 10.18 0.0% 45.7
120140xxxxxxxx 流産 30 1.43 2.34 0.0% 33.9
120260xx01xxxx 分娩の異常-子宮破裂手術等 28 10.18 9.63 0.0% 33.5
【解説】 子宮の良性腫瘍(主に子宮筋腫)で手術を行った症例が最も多く、次に流産、次に分娩で帝王切開を行った患者数が多くなっています。(分娩は自然分娩は医療保険の適応外の為、帝王切開症例のみの症例数となります)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患-手術あり-片眼 12 9.50 7.42 0.0% 66.9
【解説】 白内障の手術ありの患者様が多いですが、集計から外れるため、硝子体出血のう症例数が最も多くなっています
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎-手術なし 38 6.29 5.53 0.0% 37.5
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし 29 7.83 5.31 0.0% 62.9
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 26 8.65 8.20 0.0% 23.8
【解説】 患者数は、扁桃周囲膿瘍で手術を行った症例が最も多く、次に前庭機能障害(めまい症など)に対する手術をしないもの、扁桃、アデノイドの慢性疾患(慢性扁桃炎など)の順に多くなっております。扁桃周囲膿瘍や扁桃炎は平均年齢が若くなっております
リハビリ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 67 74.22 28.70 4.5% 83.4
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし 23 65.91 18.08 0.0% 74.5
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 15 63.93 19.32 6.7% 68.0
【解説】 当院は回復期リハビリテーション病棟があり、一般病棟(急性期病棟)から移動してリハビリテーションを行った後退院された患者様も含みます その為、在院日数が長くなります。患者数は股関節大腿近位骨折が最も多く、次に脳梗塞と非外傷性頭蓋内血腫の順になります 回復期リハビリテーション病棟の入院歴がある患者様が多いため平均在院日数が大変長くなります
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし 49 6.88 7.59 0.0% 71.4
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術等-処置1:なし-副病:なし 34 6.29 5.91 0.0% 62.1
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍-前立腺悪性腫瘍手術等-処置2:なし 27 10.11 14.03 0.0% 70.2
【解説】 膀胱癌の手術を最も行っており、次に尿管結石、前立腺癌の手術症例が多くなっています
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 434 2.90 3.07 0.0% 69.7
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし 276 4.08 4.87 0.0% 68.9
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 53 25.53 18.30 1.9% 80.9
【解説】 狭心症の患者様が最も多く、狭心症で心臓カテーテル検査目的入院と、手術症例の順に多くなっています
大腸肛門科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核-手術あり 40 3.00 6.01 0.0% 60.7
060235xx97xxxx 痔瘻-手術あり 18 2.94 6.92 0.0% 50.4
【解説】 症例数は内痔核と痔瘻の順に多くなっております。いずれの疾患も自院の在院日数は全国平均より短くなっております
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類 基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 41 12 59 1 7
大腸癌 31 17 20 40 10 2 7
乳癌 48 26 10 12 1 7
肺癌 39 12 29 45 41 11 1 7
肝癌 17 33 2 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【定義】 ・UICCは国際対がん連合。TMN分類は、がんの大きさや転移の有無等でStageを集計しています ・病期分類は「UICC」と「癌取り扱い規約」(各臨床の学会が決めたがんの状態を表すための決まり) ・Stage0は含まず ・「-(ハイフン)」は10件未満 ・同じ患者が複数回入院してもそれぞれ症例数に含む 【解説】 症例数は手術を行った症例以外に、化学療法や検査目的のもの含まれます 肺癌の症例数で不明が最も多いのは、不明は検査目的入院が含まれているため多くなります。大腸癌はStageⅠより軽い0患者様は表記されておりません
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均 在院日数 平均年齢
重症度 0 30 7.1 55.0
重症度 1 84 17.3 79.0
重症度 2 82 26.1 82.1
重症度 3 33 31.0 82.7
重症度 4 11 35.2 88.3
重症度 5
不明
【定義】 ・「-(ハイフン)」は10件未満 ・市中肺炎は、院内での発症した以外の肺炎になったもの ・重症度分類は「A-DROPスコア」(市中肺炎の重症度分類)を用いる ・重症度0が軽症。重症度1と2が中等症。3が重症。4以上が超重症 【解説】 当院は中等症(重症度1と2)の割合が最も多くなっています
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 22 6.5 74.5 0.0%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 221 38.4 75.0 7.2%
その他 24 17.4 73.0 0.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 11 15.73 76.64 9.09%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明
【定義】 ・「-(ハイフン)」は10件未満 ・脳梗塞のICD10(病名のコード)別の患者数を示します ・「発症日から」の「3日以内」と「その他」は脳梗塞が発症してから3日以内の入院の有無を示します ・「発症日」の表記が「-」の場合は、発症日から3日以内とその他の入院数を合算して10件以上になった患者数を示します 【解説】 「G45$ 一過性脳虚血発作」の入院患者は、発症から3日以内に入院した数が多い。「I63$ 脳梗塞」の患者数が最も多く、発症から3日以内に入院した患者数が最も多い。平均在院日数が長いのは、回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟などへ転棟後、退院される患者様が多いため
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 55 2.4 3.6 0.0% 69.2
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 45 24.3 35.8 8.9% 81.3
K654 内視鏡的消化管止血術 44 1.2 19.2 2.3% 67.0
【定義】 ・「-(ハイフン)」は10件未満 ・入院中に複数の手術を行った場合も1入院で主たるもの1件でカウント ・創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術など軽微な手術は対象外【解説】 大腸腫瘍に対するポリープ切除術が最も多く、次に胃瘻の造設、消化管出血に対する止血術の順となっております【解説】 大腸腫瘍に対するポリープ切除術が最も多く、次に胃瘻の造設、消化管出血に対する止血術の順となっております
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 33 1.5 6.1 0.0% 71.2
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 14 1.6 2.6 0.0% 65.1
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 11 4.4 2.8 0.0% 39.3
【解説】 肺癌に対する手術症例が最も多く、入院後手術までの術前日数も短くなっております。胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))は、気胸に対する手術であり、他の手術より平均年齢も若くなっております
外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 69 0.5 1.5 0.0% 62.7
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 60 1.3 3.4 0.0% 64.4
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 44 0.5 2.5 0.0% 37.6
【解説】 患者数は鼠径ヘルニアと胆嚢摘出術と虫垂切除術の順に多く、いずれの手術も腹腔鏡による手術となります。手術までの日数と術後の退院までの日数は腹腔鏡の手術のため短くなっております
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 54 4.1 18.4 7.4% 74.7
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 42 1.7 17.3 0.0% 68.8
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 17 1.0 28.0 0.0% 76.0
【解説】 骨折観血的手術(大腿)は大腿骨頚部骨折に対する手術で、最も患者数が多くあります。脊柱固定術は主に脊柱管狭窄症に対する手術です。整形外科の手術は術後にリハビリしてから退院することが多いため、術後日数が長くなります
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 99 0.0 1.1 0.0% 61.7
K333 鼻骨骨折整復固定術 19 0.1 1.0 0.0% 27.5
【解説】 当院に形成外科は眼瞼下垂に特に力を入れており、患者数も特に多くなっております。いずれの手術症例もほぼ入院日に手術することがほとんどで、術後の入院日数も短くなっております
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 35 3.4 8.0 2.9% 73.2
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 29 3.1 25.3 3.5% 79.0
【解説】 内頚動脈狭窄症に対する経皮的頸動脈ステント留置術を最も多く行っており、次に慢性硬膜下血腫に対する手術を行っています
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 17 3.1 37.4 11.8% 72.5
K617-2 大伏在静脈抜去術 15 0.4 3.2 0.0% 69.4
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 12 4.4 21.9 0.0% 67.8
【解説】 当院の心臓血管外科は、下肢閉塞性動脈硬化症に対する手術である四肢の血管拡張術を多く行っている。大伏在静脈抜去術は、下肢静脈瘤に対する手術であり、術前も術後も短期間で退院される方が多い
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 34 1.0 9.2 0.0% 48.8
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 30 2.5 8.0 0.0% 34.6
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 26 1.7 8.3 0.0% 31.7
【解説】 子宮筋腫などで、子宮全摘術を行う患者様が最も多い。次に帝王切開の手術が多く、緊急で帝王切開手術になる場合と、以前の出産が帝王切開により出産されたときに帝王切開術を行う選択帝王切開になる場合があります
眼科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 379 1.0 1.4 0.0% 74.6
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 12 3.3 8.3 0.0% 64.5
【解説】 眼科は、白内障の手術が特に多く、入院期間も短くなります
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K370 アデノイド切除術 13 1.0 6.9 0.0% 15.5
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 13 1.0 7.0 0.0% 30.5
【解説】 アデノイド切除術と口蓋扁桃手術の症例数が一番多く、手術は入院の翌日に行っています
リハビリ科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 35 4.5 67.5 5.7% 81.3
K0811 人工骨頭挿入術(股) 32 5.0 74.2 0.0% 83.5
【解説】 当院は、回復期リハビリテーション病棟があり、一般病棟(主に整形外科)からの移動患者が手術件数に含まれている。最も多いのは大腿骨頚部骨折に対する手術であり、人工骨頭挿入術を行ったものとそうでない手術に分けられます
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 48 1.0 3.2 0.0% 71.6
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 31 1.0 4.4 0.0% 63.5
K843 前立腺悪性腫瘍手術 27 1.0 8.1 0.0% 70.2
【解説】 膀胱癌に対する手術が最も多く、次に尿管結石、前立腺癌となります。手術はいずれも入院翌日に行っております
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 199 1.3 2.4 0.0% 68.7
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 54 1.0 4.1 0.0% 68.8
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 48 1.7 4.6 0.0% 71.9
【解説】 いずれの手術も心臓カテーテルよる手術で、ステント留置を行うものが最も多く、次に形成術となっています。術前、術後日数ともの短めになっております
大腸肛門科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 36 1.0 1.0 0.0% 59.8
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 28 1.0 1.0 0.0% 61.2
K7462 痔瘻根治手術(複雑) 12 1.0 1.0 0.0% 53.1
【解説】 痔の手術が最も多く、術前・術後日数いずれも1日となります
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 19 0.2%
180010 敗血症 同一 24 0.3%
異なる 51 0.6%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 38 0.5%
異なる
【定義】 ・「入院契機」の「同一」と「異なる」は、これらの傷病名が入院契機から存在したかどうかを示しております ・その他の病棟への入院(回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟・障害者病棟)がある患者の場合、一般病棟(急性期病棟)もしくは、その他の病棟いずれかに上記のDPCで選ばれた場合はカウント 【解説】 いずれの傷病名の全退院患者件数からの発生率は1%以下と低くなっております 手術・処置等の合併症は、術後に創部が感染したり、透析のシャント作成後にシャント部に感染症が発生したものなど、一定数発生します。前述したように全体の退院患者から発生する割合は1%以下です
更新履歴
  • ■2016.9.30 「定義」「解説」を追加いたしました。
  • ■2016.9.26 「病院情報の公表」ページを公開いたしました。

※「平成27年度の病院指標を見る」をもう一度押すと閉じます

平成28年度 松波総合病院 病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 108 138 220 347 568 685 1613 2448 1739 433
「私たちは、地域中核の社会医療法人として地域住民の皆様に、安全で質の高い医療・福祉を効率的かつ継続的に提供する。」を理念として医療の提供に努めております。
【定義】
・平成 28 年 4 月 1 日から平成 29 年 3 月 31 日までの退院患者であり、一般病棟に 1 回以上入院した患者
・入院した後 24 時間以内に死亡した患者又は生後 1 週間以内に死亡した新生児は集計対象外
・年齢階級別は10歳刻みの患者数で90歳以上を1つの階級として設定
【解説】
退院患者数は8,299名で、60歳以上の退院患者様の割合が多く、全体の75.1%を占めています
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 146 31.51 21.25 10.27% 82.68
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 124 20.23 12.43 1.61% 76.57
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 71 18.76 11.06 0.00% 73.97
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 65 9.38 7.44 0.00% 68.91
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 62 9.73 9.08 1.61% 64.79
【定義】
・診断群分類とは、入院中に最も医療資源を投入した傷病名と行った手術や処置等から分類されるものです
・診療科名は1入院で複数の科へ転科した場合でも、医療資源を最も投入した傷病の診療科で集計
・「-(ハイフン)」は10件未満の症例
【解説】
内科は、誤嚥性肺炎や尿路感染症により入院された方が特に多い傾向にあります
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 53 5.08 6.82 0.00% 59.75
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 34 4.50 5.60 0.00% 40.82
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 29 8.14 15.92 0.00% 70.31
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-なし 26 6.81 6.59 0.00% 57.77
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 23 2.13 4.64 0.00% 58.09
【解説】
外科は、胆のう結石で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った方が最も多く、次に虫垂炎の患者さんが多い傾向にあります。当院はがんの治療にも力を入れており、結腸がんや乳がんの症例数も多くなっております
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 30 6.63 7.52 0.00% 65.17
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 28 15.39 9.87 0.00% 75.82
010060×0022401 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 経皮的脳血管形成術等 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 14 6.86 31.79 0.00% 68.71
【解説】
「頭蓋・頭蓋内損傷」は主に、クモ膜下出血や慢性硬膜下血腫の患者さんであり、最も症例数が多く、次に脳梗塞の患者さんの順になっております。脳神経外科は主に手術を行う症例であり、内科的治療を行う脳梗塞の患者さんは内科等の症例数に含みます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 68 28.90 27.63 7.35% 80.88
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 23 6.09 11.91 0.00% 31.78
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 18 3.11 5.33 0.00% 23.67
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 17 4.06 5.86 0.00% 32.82
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 15 6.87 14.19 0.00% 53.67
【解説】
「股関節大腿近位骨折」は主に大腿骨骨折の症例であり、最も多い傾向にあります。次に肘、膝の外傷の順に多くなっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 10 9.60 7.01 0.00% 68.00
【解説】
眼科は「白内障」の患者様が最も多いのですが、DPCの症例から除外されているため、患者数には含まれたおりません。白内障の症例以外では、硝子体の手術を行った症例が多くあります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 46 10.54 10.05 0.00% 47.24
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 31 10.03 9.77 0.00% 33.61
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 26 10.58 9.88 0.00% 32.73
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 23 10.48 9.44 0.00% 68.83
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 22 8.95 6.42 0.00% 34.41
【解説】
産婦人科は「子宮の良性腫瘍」主に、子宮筋腫の患者数が最も多い。次の「分娩異常」や「胎児及び胎児付属物の異常」とは分娩で帝王切開を行った症例のことをいいます。「生殖器脱出症」は主に子宮脱、「卵巣の良性腫瘍」は主に卵巣腫瘍のことをいいます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 4.64 5.79 0.00% 4.36
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 10 5.00 6.02 0.00% 2.30
【解説】
小児科は主に呼吸器疾患で入院される方が多く、肺炎、気管支炎の順になっております
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 5.53 5.50 0.00% 36.59
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 28 9.25 8.12 0.00% 25.11
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 20 7.70 5.24 0.00% 67.45
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 19 10.42 9.60 0.00% 60.74
030428xxxxxxxx 突発性難聴 17 10.35 9.37 0.00% 50.18
【解説】
耳鼻咽喉科は扁桃周囲膿瘍、扁桃炎、めまい症の順になっております
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 57 5.75 7.44 0.00% 74.44
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1-なし 副傷病なし 40 5.08 5.83 0.00% 60.18
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 20 4.85 11.72 0.00% 71.40
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 18 10.33 13.39 0.00% 66.83
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 17 3.53 11.71 0.00% 73.18
【解説】
泌尿器科は、膀胱がんの患者数が最も多く、次に尿管結石の順となっております。
大腸肛門科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 58 2.88 5.85 0.00% 58.84
【解説】
大腸肛門科では、内痔核の手術の症例が最も多くあります
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 58 8.38 12.73 0.00% 69.95
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 12 8.42 10.09 0.00% 40.33
【解説】
呼吸器外科は、肺がんの手術を行った症例が多く、次に気胸となっております
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 70 72.41 27.63 4.29% 83.30
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15 101.67 19.35 0.00% 71.73
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 14 82.93 16.54 7.14% 74.57
【解説】
当院は回復期リハビリテーション病棟があり、一般病棟(急性期病棟)から移動してリハビリテーションを行った後退院された患者さんも含みます
その為、在院日数が長くなります。患者数は股関節大腿近位骨折が最も多く、非外傷性頭蓋内血腫と脳梗塞の順になります
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし 121 2.11 3.44 0.00% 64.51
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 18 4.83 5.80 0.00% 39.17
【解説】
当院の形成外科は特に眼瞼下垂の手術に力を入れており、症例数も多くなっております
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 376 2.89 3.06 000% 69.16
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 266 4.45 4.71 0.00% 69.02
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 58 18.14 17.95 0.00% 82.64
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 40 4.10 5.85 0.00% 73.85
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 35 13.94 13.02 0.00% 65.94
【解説】
当院の循環器内科は心臓カテーテル治療に力を入れております。狭心症の心臓カテーテル検査を行った症例が最も多く、次にPTCAの手術を行った症例が多くなっております
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx02011x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-あり 副傷病あり 25 59.40 42.06 8.00% 67.36
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1-1,2あり 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 21 24.00 27.92 0.00% 66.52
050170xx02010x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-あり 副傷病なし 21 26.48 22.93 0.00% 73.86
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 20 19.40 16.98 0.00% 79.80
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 11 4.18 3.34 0.00% 68.36
【解説】
当院の心臓血管外科は閉塞性動脈硬化症の治療に力を入れております。閉塞性動脈硬化症の手術を行う症例が最も多く、次に狭心症でパイパス手術を行った症例が多くなっております
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 40 14 21 63 12 1 7
大腸癌 22 22 41 16 28 1 7
乳癌 34 28 14 11 1 7
肺癌 44 11 31 63 16 1 7
肝癌 14 25 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
・UICC の TNM から示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数とする
・患者数は延患者数とする
・患者数が 10 未満の場合は、「患者数」にはハイフンを入力
・Stage が「0」のものは集計対象外
【解説】
胃癌はステージⅠとステージⅣの患者数が多く、大腸癌はステージⅢの患者数が最も多くなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 37 6.89 50.89
中等症 33 47.97 84.21
重症 148 15.86 79.68
超重症 33 31.67 83.03
不明
【定義】
・成人(20歳以上)の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示す
・入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名に対する ICD10コードが J13~J18$ で始まるものに限定する
・重症度分類は、A-DROP スコアを用い、軽症~超重症の4段階で表記する。重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類する
【解説】
重症の患者数が最も多く、軽症の患者が最も平均在院日数が短く、平均年齢も若くなっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 20 4.60 69.80 0.00%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 151 45.41 74.66 2.65%
その他 66 41.29 73.45 3.03%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 10 6.50 71.60 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明
【定義】
・脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示す
・医療資源を最も投入した傷病の ICD10(G45$,G46$,I63$,I65$,I66$,I675,I679)別に集計
・発症日から「3 日以内」「その他」に分けた数値を記載する。
・「転院」については、退院先が「4 他の病院・診療所への転院」とし、転院患者数/全退院数を転院率とする
・「-(ハイフン)」は10件未満
【解説】
「G45$ 一過性脳虚血発作」の入院患者は発症から3日以内の患者が多い。「I63$ 脳梗塞」が最も症例数が多い。疾患の特性も有り、平均在院日数が長くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 71 3.45 19.51 2.82% 77.52
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 52 2.92 4.48 0.00% 68.56
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 45 20.76 34.93 20.00% 80.31
K654 内視鏡的消化管止血術 37 1.81 14.70 2.70% 72.84
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 32 1.34 8.13 0.00% 74.13
【解説】
内科では、内視鏡的胆道ステント留置術が最も多く手術を行っており、次に大腸ポリープの手術を行っております。施設より胃瘻造設目的にご入院される患者さんもいらっしゃいます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 78 0.87 1.05 0.00% 64.05
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 70 0.89 3.50 0.00% 59.53
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 34 0.35 3.15 0.00% 40.82
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 33 1.94 6.73 0.00% 71.12
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 27 0.96 5.04 0.00% 57.37
【解説】
外科は消化器一般外科(乳腺内分泌、肛門科を含む)、呼吸器外科、心臓血管外科とそれぞれの専門性を重視しつつお互いの協力のもと臨床に携わっています。
消化器一般外科の担当は食道から肛門までの消化管と肝胆膵領域の特に悪性疾患です。消化器疾患に対してはがんに対する根治性と手術侵襲の軽減を目指す観点から鏡視下手術に重点を置き、中でも大腸がんに対してはより積極的に鏡視下手術を行っております。手術数は、外科では腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を最も多く行っており、次に腹腔鏡下胆嚢摘出術、虫垂切除術と腹腔鏡による手術が増えて来ております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 34 2.47 3.56 0.00% 70.21
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18 3.83 16.39 0.00% 75.00
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 1.12 51.71 5.88% 62.12
【解説】
脳神経外科では頸動脈ステント留置術を最も多く行っており、次に慢性硬膜下血腫の手術と脳動脈瘤頸部クリッピング術を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 63 3.11 19.68 6.35% 71.05
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 22 1.50 16.27 0.00% 65.95
K0821 人工関節置換術(肩・膝・股) 21 1.10 24.48 0.00% 72.76
K0811 人工骨頭挿入術(肩・股) 20 3.25 19.15 0.00% 78.55
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・膝蓋骨・足) 18 1.28 8.94 0.00% 46.50
【解説】
整形外科では運動器の疾患、外傷を扱います。運動器の中でも部位により、それぞれに高い専門性が要求されます。当科では2011年より関節外科センターを併設し、整形外科の範囲の中でも特に関節(股、肩、膝)の変性疾患と外傷を主とした診療を行っています。2014年からは脊椎外科センターも開設、まずは変性疾患、外傷を中心に診療を開始しました。関節疾患(スポーツ障害を含む)、脊椎疾患いずれも手術療法、保存療法ともに高い治療成果を維持すべく、更に研鑽を続けています。手術数は大腿骨骨折の手術を最も行っており、術式により、骨折観血的手術と人工骨頭挿入術を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 375 1.00 1.53 0.00% 76.13
【解説】
眼科は特に白内障手術や糖尿病網膜症の治療に力を入れています。手術数は、白内障の手術を最も多く行っておりまり、年間375症例を行っております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 40 1.13 8.45 0.00% 49.88
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 34 1.44 8.03 0.00% 34.35
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 28 1.82 8.25 0.00% 32.18
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 24 0.96 6.96 0.00% 34.71
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 19 1.00 8.63 0.00% 68.26
【解説】
婦人科腫瘍においては腫瘍治療専門医を中心に、子宮筋腫や子宮腺筋症などの良性子宮腫瘍だけでなく、進行した子宮体癌・子宮頚癌・卵巣癌の症例に対しても積極的に手術を行っています。また異所性妊娠に伴う腹腔内出血や卵巣腫瘍茎捻転などの緊急対応が必要な症例では24時間対応しております。手術症例は、子宮筋腫等の疾患により子宮全摘術を最も多く行っており、次に帝王切開を多くなっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 27 1.22 7.30 0.00% 29.59
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 0.91 6.00 0.00% 50.64
【解説】
耳鼻咽喉科では耳鼻咽喉科疾患全般を扱っており、突発性難聴におけるステロイド点滴加療やメニエール病、扁桃炎での入院治療、手術は扁桃摘出術や副鼻腔内視鏡手術を中心に行っています。手術数は、口蓋扁桃手術を最も多く行っており、次に慢性副鼻腔炎の手術を行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 55 1.09 3.82 0.00% 74.24
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 38 1.00 2.63 0.00% 60.71
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 26 0.00 1.00 0.00% 59.08
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 0.37 12.32 0.00% 62.68
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 18 1.00 7.50 0.00% 69.00
【解説】
泌尿器科では腹腔鏡手術が導入されており、副腎、腎腫瘍に対する腹腔鏡下摘出除術を行っている。特に内分泌内科による副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群)による手術が多い。手術数は、膀胱悪性腫瘍手術を最も多く行っており、次に尿管結石の手術を多くなっております。
大腸肛門科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 39 0.85 1.00 0.00% 59.67
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 24 0.92 1.00 0.00% 60.00
【解説】
岐阜県では肛門科が独立している唯一の病院です。痔核、裂肛、肛門狭窄、痔瘻、直腸脱など全ての肛門疾患の診療を行っております。痔核手術を最も多く行っております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 37 1.00 6.73 70.38
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 13 4.62 2.38 38.92
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 12 1.00 2.17 70.17
【解説】
呼吸器外科は、呼吸器科領域全般に関して手術を行います。肺がん、自然気胸、縦隔腫瘍など、ほとんどの手術は胸腔鏡下に手術を行っています。肺がんについては肺機能温存を図る縮小手術を行うとともに、必要によっては気管分岐部切除、血管形成を伴う手術、パンコースト肺がんなどの拡大手術も行います。また呼吸器内科医、放射線科医とも連携をとりつつ抗がん剤治療、放射線治療も交えた手術といった集学的治療も行っています。手術症例は腹腔鏡下肺悪性腫瘍手術を最も多く行っております。次に気胸の手術で胸腔鏡下肺切除を行っております。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 36 5.33 70.64 2.78% 84.42
K0811 人工骨頭挿入術(股) 31 4.74 57.06 6.45% 82.16
【解説】
当院は、回復期リハビリテーション病棟があり、一般病棟(主に整形外科)からの移動患者が手術件数に含まれている。最も多いのは大腿骨頚部骨折に対する手術で、人工骨頭挿入術を行ったものとそうでない手術に分けられます
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 116 0.05 1.07 0.00% 64.27
K333 鼻骨骨折整復固定術 13 0.08 0.92 0.00% 31.85
【解説】
形成外科は、骨折や熱傷を含めた顔面外傷、切断指再接着をはじめとする手指外傷、眼瞼下垂、乳房再建などを行っております。
眼瞼下垂の手術を最も多く行っております。次に鼻骨骨折の手術を行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 151 1.48 2.82 0.00% 68.77
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 74 0.78 2.46 0.00% 69.92
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 44 1.32 3.02 0.00% 74.09
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 34 2.59 3.26 0.00% 69.18
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 31 1.03 13.32 0.00% 66.06
【解説】
循環器内科では、冠動脈・末梢血管・不整脈に対するカテーテルを用いた検査及び治療を中心に行っています。
閉扉的冠動脈ステント留置術を最も多く行っており、次に経皮的冠動脈形成術を行っております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 21 3.48 36.00 4.76% 72.00
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 21 4.71 20.86 0.00% 66.43
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 20 1.15 22.25 5.00% 72.60
K6145 血管移植術、バイパス移植術(下腿、足部動脈) 15 2.07 43.60 0.00% 71.47
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 15 2.87 9.13 0.00% 79.40
【解説】
心臓血管外科は、後天性心疾患全般(虚血性心疾患、弁膜症)、大動脈瘤(胸部および腹部)、末梢血管(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤)などを行っております。血管移植術、バイパス移植術とに冠動脈、大動脈バイパス移植術を最も多く行っており、次に四肢の血管拡張術・血栓除去術を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 10 0.12%
180010 敗血症 同一 20 0.24%
異なる 56 0.67%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 37 0.45%
異なる
【定義】
・「入院契機」の「同一」と「異なる」は、これらの傷病名が入院契機から存在したかどうかを示しております
【解説】
いずれの傷病名の全退院患者件数からの発生率は1%以下です。
手術・処置等の合併症は、術後の創部に感染が発生したり、透析のシャント作成後にシャント部が閉塞や感染が発生したり造影剤によるショックが発生したものです。

平成29年度 松波総合病院 病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 107 153 242 327 591 811 1453 2428 1802 475
【定義】
・平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日までの退院患者であり、一般病棟に 1 回以上入院した患者
・入院した後 24 時間以内に死亡した患者又は生後 1 週間以内に死亡した新生児は集計対象外
・年齢階級別は10歳刻みの患者数で90歳以上を1つの階級として設定
【解説】
退院患者数は8,389名で、60歳以上の退院患者様の割合が多く、全体の73.4%を占めています
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 162 38.17 20.83 9.88% 84.60
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 133 18.92 12.34 5.26% 75.89
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 50 9.50 8.98 0.00% 65.94
【定義】
・診断群分類とは、入院中に最も医療資源を投入した傷病名と行った手術や処置等から分類されるものです
・診療科名は1入院で複数の科へ転科した場合でも、医療資源を最も投入した傷病の診療科で集計
・「-(ハイフン)」は10件未満の症例
【解説】
内科は「誤嚥性肺炎」の入院が最も多く、次に「腎臓または尿路の感染症」(急性腎盂腎炎や尿路感染症)の患者さんが多く、次にイレウスの患者さんが多くなっております。疾患的に平均年齢も高くなっております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 11 4.36 5.94 0.00% 0.45
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 10 4.30 5.50 0.00% 4.20
【解説】
小児科は、急性気管支炎の入院が最も多く、次にウイルス腸炎の入院が多くなっております。気管支炎は、1歳未満の入院が多くなっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 50 4.92 6.64 0.00% 60.32
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 32 3.91 5.56 0.00% 40.44
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-なし 28 6.61 6.37 0.00% 56.61
【解説】
外科は、胆嚢炎の入院患者さんが最も多く、次に虫垂炎、次に乳がんの患者さんの順に多くなっております。虫垂炎が平均年齢も低めになっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 66 27.52 27.09 19.70% 77.35
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 25 18.16 17.28 0.00% 72.64
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 25 7.60 11.41 0.00% 35.60
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 23 9.83 13.35 0.00% 61.22
【解説】
整形外科は、大腿骨頸部骨折での入院が最も多く、次に腰部脊柱菅狭窄症と半月板や靭帯損傷の患者さんが多く、次に上腕骨の骨折の入院が多くなっております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし 103 2.07 3.29 0.00% 67.67
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 24 2.67 5.60 0.00% 19.17
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし 10 6.40 8.50 10.00% 75.50
【解説】
形成外科は眼瞼下垂の入院が最も多く、次に鼻骨骨折などの顔面損傷での入院が多く、次に皮膚の悪性腫瘍の順になっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 28 20.68 9.68 0.00% 74.54
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 20 7.05 7.34 0.00% 72.60
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 15 13.07 16.38 6.67% 65.80
【解説】脳神経外科は「頭蓋・頭蓋内損傷」(慢性硬膜下血腫)で手術を行う患者さんが最も多く、次に頭蓋・頭蓋内損傷(慢性硬膜下血腫)で手術を行わない患者さんが多く次に脳梗塞の患者さんが多くなっております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 55 7.85 12.35 0.00% 70.45
【解説】
呼吸器外科は「肺の悪性腫瘍」で手術を行った患者さんが最も多くなっております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx02011x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-あり 副傷病あり 30 61.23 38.84 10.00% 71.37
050170xx02010x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-あり 副傷病なし 24 21.00 22.44 0.00% 73.29
【解説】
心臓血管外科は閉塞性動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)の入院が1位と2位となっており、1位は副傷病(皮膚潰瘍など)ありで、2位は副傷病がない症例となっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 45 9.18 9.67 0.00% 32.00
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 37 8.16 6.37 0.00% 40.92
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 34 9.97 9.91 0.00% 45.79
【解説】
産婦人科は「分娩の異常」で帝王切開を行った入院が最も多く、次に「卵巣の良性腫瘍」が多く、次に「子宮の良性腫瘍」(子宮筋腫など)の入院が多くなっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 42 7.83 7.31 0.00% 70.24
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 38 13.32 10.21 0.00% 61.16
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 36 5.92 6.63 0.00% 68.19
【解説】
眼科は「黄斑」、「網膜剥離」、「硝子体疾患」(硝子体出血など)の順に疾患が多くなっておりますが、実際は「白内障」の入院が最も多くなっております。DPCでの入院のみの集計を行っている為、「白内障」の入院症例が除外されております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 25 7.64 6.63 0.00% 63.92
030428xxxxxxxx 突発性難聴 25 11.16 9.18 0.00% 59.96
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 21 8.33 8.01 0.00% 20.05
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 20 5.45 5.48 0.00% 34.45
【解説】
耳鼻咽喉科は「前庭機能障害」(めまい症など)の入院と「突発性難聴」の入院が最も多く、次に「扁桃、アデノイドの慢性疾患」(慢性扁桃炎など)が多く、次に「扁桃周囲膿瘍」の入院が多くなっております。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 64 70.69 27.09 1.56% 83.70
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 24 79.04 16.38 0.00% 76.25
010060×2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 14 55.50 16.51 0.00% 74.93
【解説】
当院は回復期リハビリテーション病棟があり、一般病棟(急性期病棟)から移動してリハビリテーションを行った後退院された患者さんも含みます
その為、平均在院日数が長くなります。症例数は「股関節大腿筋に骨折」(大腿骨頚部骨折など)の入院が最も多く、次に脳梗塞の入院が多くなっております。
脳梗塞の入院の2位と3位の違いは、2位は入院中にエダラボンを投与しており、3位はエダラボンを投与していないかによるものです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1-なし 副傷病なし 63 6.13 5.75 0.00% 60.86
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 48 6.17 7.31 0.00% 75.96
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 26 6.23 11.31 3.85% 70.46
【解説】
泌尿器科は「上部尿路疾患」(尿管結石など)の入院が最も多く、次に「膀胱腫瘍」の入院が多く、「膀胱腫瘍」の入院の中で、手術を行った症例と行わなかった症例の順に多くなっております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 379 2.84 3.03 0.00% 69.64
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 203 4.13 4.62 0.00% 69.28
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 80 20.84 17.71 3.75% 81.65
【解説】
循環器内科は「狭心症」の入院が最も多く、その中で、心臓カテーテル検査を行った症例が最も多く、次に経皮的冠動脈形成術等の手術を行った症例の順に多くなっております。その次に多い症例は「心不全」となっております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 23 12.39 10.61 0.00% 75.78
【解説】
消化器内科は2017年10月より内科より診療科が分かれた為データ数が少なくなっております。「胆管結石」の入院が最も多くなっております。
大腸肛門科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 53 2.94 5.71 0.00% 65.38
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 18 2.94 6.23 0.00% 47.33
【解説】
大腸肛門科は痔の手術の入院が最も多く、次に痔瘻の手術症例が多くなっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 27 12 13 37 1 7
大腸癌 17 24 30 19 10 1 7
乳癌 34 26 16 1 7
肺癌 40 10 11 52 1 7
肝癌 15 13 32 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
・UICC の TNM から示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数とする
・患者数は延患者数とする
・患者数が 10 未満の場合は、「患者数」にはハイフンを入力
・Stage が「0」のものは集計対象外
【解説】
胃癌と肺癌は、ステージⅠとⅣの患者数が多くなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 38 16.92 79.58
重症 24 27.13 85.25
超重症
不明
【定義】
・成人(20歳以上)の市中肺炎につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示す
・入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名に対する ICD10コードが J13~J18$ で始まるものに限定する
・重症度分類は、A-DROP スコアを用い、軽症~超重症の4段階で表記する。重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類する
【解説】
肺炎の重症度は中等症の患者さんが最も多く、次に重症の患者さんが多くなっております。平均在院日数も、重症が長くなっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 224 40.23 73.83 4.02%
その他 10 16.90 67.50 0.00%
【定義】
・脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示す
・医療資源を最も投入した傷病の ICD10がI63$である症例を集計する。
・発症日から「3 日以内」「その他」に分けた数値を記載する。
・「-(ハイフン)」は10件未満
【解説】
脳梗塞の患者数は発症から3日以内に入院した症例が多くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 44 4.61 19.75 2.27% 76.82
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 30 4.37 3.97 0.00% 70.10
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 25 1.52 10.56 0.00% 74.88
【定義】
・同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントする。
・輸血関連は除外。
・創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術および加算は除外。
【解説】
内科は、内視鏡的胆道ステント留置術の手術が最も多く、次に大腸ポリープ切除、次に主に肝癌に対して行う血管塞栓術の手術が多くなっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 101 0.48 1.12 0.00% 61.94
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 89 2.08 3.96 0.00% 62.52
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 34 2.97 11.65 0.00% 66.44
【解説】
外科は、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術が最も多く、次に腹腔鏡下胆嚢摘出術が多く、次に腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術の順に多くなっております。いずれも腹腔鏡の手術となっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 57 3.19 16.56 7.02% 71.14
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 35 2.77 15.97 0.00% 71.80
K142-4 経皮的椎体形成術 30 7.30 14.47 0.00% 79.33
【解説】
整形外科は、大腿骨と上腕に対する骨折観血的手術が最も行われており、次に脊椎固定術、椎弓切除術(主に脊柱菅狭窄症に対する手術)となっております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 114 0.03 1.04 0.00% 66.03
K333 鼻骨骨折整復固定術 20 0.20 1.00 0.00% 14.15
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 10 0.40 4.10 10.00% 81.00
【解説】
形成外科は眼瞼下垂症の手術が最も多く、次に鼻骨骨折に対する鼻骨骨折整復固定術が多くなっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術(洗浄・除去術(穿頭)) 26 0.62 16.96 0.00% 79.38
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 17 6.82 17.76 0.00% 69.71
【解説】
脳神経外科は、慢性硬膜下血腫に対する血腫の洗浄・除去の手術が最も多く、次に経皮的頸動脈ステント留置術が多くなっております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 34 1.00 6.00 0.00% 69.94
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 14 1.00 7.64 0.00% 71.14
【解説】
呼吸器外科は肺癌に対する手術で、肺葉切除が最も多く、次に区域切除が多くなっております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 1.35 50.58 11.54% 68.96
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 23 1.00 10.70 4.35% 74.26
K0503 腐骨摘出術(足その他・手) 21 4.43 39.14 9.52% 72.00
【解説】
心臓血管外科は、閉塞性動脈硬化症に対する手術が多く、「四肢の血管拡張術・血栓除去術」「血管移植術、バイパス移植術」「腐骨摘出術」の順に多くなっております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 41 2.00 7.54 0.00% 33.66
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 41 0.95 6.12 0.00% 39.90
K877 子宮全摘術 34 1.18 7.88 0.00% 47.65
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 32 1.22 7.50 0.00% 30.78
【解説】
産婦人科は帝王切開の手術と子宮附属器(主に卵巣)腫瘍摘出術の手術が最も多く、次に子宮全摘術(主の子宮筋腫に対して行う)が多くなっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 472 1.06 1.65 0.00% 75.04
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 121 0.83 7.45 0.00% 63.64
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 28 0.93 3.46 0.00% 66.36
【解説】
眼科は水晶体再建術(白内障に対する)が最も多く、次に硝子体茎顕微鏡下離断術が多くなっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 22 1.05 7.09 0.00% 23.32
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 10 0.30 5.90 0.00% 47.30
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 0.90 6.10 0.00% 50.00
【解説】
耳鼻科は口蓋扁桃手術(主に慢性扁桃炎に対する手術)が最も多く、次に扁桃周囲膿瘍切開術(扁桃周囲膿瘍に対する手術)が多くなっております。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 35 6.06 61.34 0.00% 84.57
K0811 人工骨頭挿入術(股) 26 10.04 61.00 0.00% 82.65
K142-4 経皮的椎体形成術 13 8.85 61.08 0.00% 83.00
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 13 4.23 63.77 0.00% 76.38
【解説】
リハビリテーション科は、主に他の診療科より回復期リハビリテーション病棟に転棟した患者さんの手術になります。整形外科からの転棟が多く、骨折観血的手術(大腿)(主に大腿骨頚部骨折に対する手術)が最も多く、次に人工骨頭挿入術(股)(主に大腿骨頚部骨折に対する手術)が多くなっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 60 1.82 4.45 0.00% 62.55
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 29 2.07 4.52 0.00% 73.93
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 25 1.24 5.24 0.00% 77.04
【解説】
泌尿器科は経尿道的尿路結石除去術(尿路結石に対する手術)が最も多く、次に膀胱癌に対する手術が多くなっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 84 0.92 1.82 0.00% 69.62
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 74 2.04 2.99 1.35% 68.69
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 40 2.15 3.93 0.00% 72.58
【解説】
循環器内科は経皮的冠動脈形成術の手術が1番と3番目に多く、違いは、3番目の手術は特殊なカテーテルを使用(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル)したものとの違いです。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 0.62 11.92 7.69% 76.46
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10 2.60 1.40 0.00% 68.10
【解説】
消化器内科は内視鏡的胆道ステント留置術が最も多く、次に大腸ポリープに対する手術が多くなっております。
大腸肛門科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 46 0.96 1.00 0.00% 64.65
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 16 0.94 1.00 0.00% 66.88
【解説】
大腸肛門科は、痔核手術が最も多くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 27 0.32%
異なる 24 0.29%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 61 0.73%
異なる
【定義】
・「入院契機」の「同一」と「異なる」は、これらの傷病名が入院契機から存在したかどうかを示しております
【解説】
・これらの疾患の全退院患者件数からの発生率は1%以下です。
・「敗血症」は入院契機から敗血症の症例数と入院後に敗血症になった症例数が同じくらいとなっております。
・「手術・処置等の合併症」は、術後の創部に感染が発生したり、透析のシャント作成後にシャント部が閉塞したり、感染が発生したり造影剤によるショックが発生したものです。当院は主に閉塞性動脈硬化症により、下肢の血管の詰まりやすい患者さんが多いため、症例数がやや多くなっております。
更新履歴
  • ■2018.9.26 29年度「病院情報の公表」ページを公開いたしました。
  • ■2017.9.17 28年度「病院情報の公表」ページを公開いたしました。
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook