法人について

当法人は、「健康経営優良法人ホワイト500」の認定を受けています

健康経営優良法人とは?

  Print    ホワイト500認定証

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んで考えている法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標に、日本健康会議が取り組んでいます。
健康経営優良法人認定制度では、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門(ホワイト500)」と中小規模の企業や医療法人等を対象にした「中小規模法人部門」の2つの部門があります。
当法人は、2019年2月21日付で「大規模法人部門(ホワイト500)」
に認定されました。岐阜県内の企業では当法人を含め4つの企業が認定を受け、岐阜県内の医療法人では当法人が初めての認定となります。

※健康経営優良法人認定制度(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

 

健康経営宣言

社会医療法人蘇西厚生会では、理念である「私たちは、地域中核の社会医療法人として地域住民の皆様に、安全で質の高い医療・福祉を効率的かつ継続的に提供する」を果たすためには、職員・ご家族の健康こそがその源と考えます。
当法人は、「病院良し」、「患者さん・開業医良し」、「地域良し」の三方良しをめざし、地域包括ケアシステムの要として機能していかなくてはなりません。そのためにも、全職員が心身ともに健康でいきいきと働くことができる環境を積極的に支援することを宣言します。

1.セルフケア:ストレスチェック
2.ラインケア:定期健康診断、生活習慣病予防対策、子育て支援制度
3.スタッフケア:メンタル専門員による個別ケア、精密検査の個別指導
4.イベントケア:健康増進セミナー、禁煙宣言病院、ワーク・ライフ・バランスの推進

 

 

関連情報
診療・入院のご案内診療科・部門のご案内
人間ドック・健診老健・在宅サービス
地域医療連携採用情報
交通のご案内お問い合わせ
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook