医療情報

通常日本では、毎年11月下旬から12月上旬にインフルエンザのシーズンが始まり、1~3月にピークを迎えます。インフルエンザは風邪と似ているように思われますが、突然の発熱や全身の倦怠感などの症状を特徴とし、伝染性が非常に強く重症化しやすい病気です。そこで予防対策が重要になります。 インフルエンザの予防としては、以下のものがあります。

流行前に

インフルエンザワクチンを接種する

流行し始めたら

  • 人込みを避け、外出時にはマスクを利用する
  • 室内では加湿器などを使用して適度な湿度に保つ
ところで皆さんは、毎年インフルエンザワクチンの接種を行っていますか?ワクチンを打ったのに、インフルエンザにかかったからワクチンなんて意味がない、と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。確かにワクチンを接種したとしても100%防ぐことはできません。しかし、ワクチンを接種することで重症化するリスクを下げることができます。特に重症化しやすい高齢者や小児、基礎疾患を持っている方は、ワクチンの接種が推奨されています。ワクチン接種から予防効果が現れるまでには約2週間かかりますので、ピークを迎える前、12月ごろまでに接種しておきましょう。また、普段からバランスの良い食事と十分な休養をとり、体力や抵抗力をつけること、うがい・手洗いを徹底することも大切です。 インフルエンザにかかってしまった時には、使用してはいけない薬もあります。自己判断で薬を使用せず、早めに医療機関を受診しましょう。
関連情報
薬剤部のご案内 お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook