医療情報

花粉症は、体内に入った花粉を「敵」だと勘違いして攻撃することで起こります。 花粉を攻撃するために「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」といった物質が体内から放出されます。これがくしゃみ中枢や、分泌中枢、粘膜の血管を刺激することで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといったような症状が出ます。 花粉症に使用される薬には、以下のようなものがあります。

抗アレルギー薬

ヒスタミンなどの発生を抑えます。花粉の飛び始める前から飲むことで、予防的効果が期待できます。

抗ヒスタミン薬

すでに発生してしまったヒスタミンの働きを抑えます。市販薬によく見られます。 これらの薬は副作用で眠気を催すことがあるので注意が必要です。点眼や点鼻では眠気などの副作用を減らすことができます。

ステロイド

ヒスタミンによって引き起こされた粘膜の炎症を鎮めます。また免疫等の組織の反応性を低下させる作用もあるため、アレルギー反応も抑えられます。ステロイドは副作用が心配という方が多いと思いますが、点眼・点鼻では全身に対する作用はほとんどありません。
関連情報
薬剤部のご案内 お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook