医療情報

テレビCMなどでジェネリックという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。 新しい薬は10~15年の歳月と、数百億円以上の費用をかけて開発され、製薬企業は発売後約20~25年間特許を受けることができます。しかし、特許が切れると他の企業も同じ成分の効果が全く同じ薬を作ることができるようになります。これがジェネリック医薬品(後発医薬品)です。 ジェネリック医薬品は、新薬に比べて研究開発にかける時間とお金が少なく済むため、効き目が同じでも値段が安くなります。 また、安いだけでなく、錠剤の大きさを小さくしたり、口の中で溶けるようにするなど、飲みやすいように工夫してあるものもあります。ジェネリックに変更するにはまず主治医、かかりつけ薬局の薬剤師に相談しましょう。薬代の負担が軽くなり、さらに国の医療費削減にも貢献できますよ。 血圧の薬やコレステロールの薬など長期間飲み続ける薬の場合は特におすすめです。
関連情報
薬剤部のご案内 お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook