医療情報

Q. お酒と薬を一緒に飲んではいけないとよく言われますが、どうしてでしょうか?

年末年始になると普段お酒を飲まない人でも飲む機会が増えますよね。アルコールが体内に入ると、多くの薬と同じように肝臓と腎臓で代謝(分解)、排泄されます。アルコールは百薬の長とも言われていますが、薬を飲む場合は注意が必要です。 お酒を薬と同時に飲むと、肝臓はアルコールの代謝も行うため、薬の代謝に時間がかかり、長く血液中にとどまって薬の作用が強く発現し、副作用にもつながります。例えば心臓の働きを活発にする強心薬は、代謝が抑えられ、動悸、嘔気といった中毒症状を起こしやすいといわれています。寝つきをよくする睡眠薬も、アルコールと睡眠薬を一緒に飲むことで、中枢神経を抑える効果が強くでて昏睡状態になる危険性があります。他にもアルコールと一緒に服用してはいけない薬はたくさんあり、普段からアルコールを飲んでいると、薬の作用が弱くなるものもあります。お酒と薬は一緒に飲まないのが賢明です。 気になる方は一度薬剤師に相談してください。薬を飲んでいなくても、お酒の飲みすぎには注意が必要です。
関連情報
薬剤部のご案内 お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook