医療情報

脊柱管(神経の通り道)が狭くなる病気です。しばらく歩くと、足の痛み・しびれが強くなり休むとまた歩行できるようになる間欠性跛行が特徴な症状です。まずは薬物などによる保存治療を行いますが、改善しない場合は手術治療を行います。 手術は除圧術(靭帯、骨の一部を切除し神経の通り道を広げる)(図4)を行う場合が多いですが、すべり症など神経の圧迫だけでなく不安定性による痛みを伴う場合は固定術(図5)を併用する場合もあります。 image04 image05
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook