医療情報

変形性膝関節症の初期や特発性顆部壊死のように大腿骨(ふとももの骨)の内側、または外側のどちらか一方だけに変形がある場合、その変形がある側だけの大腿骨と脛骨を金属の人工関節に置き換え、間に硬いプラスティックのような人工の軟骨にあたるものを入れる手術です。 通常、関節リウマチのような炎症性疾患の場合や、膝の靭帯に損傷がある場合は手術の適応になりません。 全置換に比べ、手術の傷が小さく、筋肉に対する損傷も少ないため、術後の回復がやや早いこと、また術後の膝の曲がりがやや良い傾向があります。 一般的に入院期間は2~3週間程度です。退院後は特にリハビリ通院の必要はありませんが、人工関節の状態をレントゲンでチェックする定期診察が必要となります。

images01images02

関連情報
関節外科センターのご案内 整形外科のご案内
お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook