クリニカルインディケーター

退院後6週間以内の緊急医療入院率

平成25年度より日本病院会 クリニカル・インディケータで新たに指標設定された項目です。

概況

  • 分子:退院後42週間以内の緊急医療入院症例数
  • 分母:退院患者数

当院のデータ

年度 退院後42週間以内の緊急医療入院症例数 退院患者数 割合
令和1年度(2019年度) 311名 8,823名 3,52%
平成30年度(2018年度) 329名 8,588名 3,83%
平成29年度(2017年度) 314名 8,963名 3.50%
平成28年度(2016年度) 250名/td> 8,663名 2.89%※
平成27年度(2015年度) 216名 8,521名 2.53%
平成26年度(2014年度) 408名 8,037名 5.08%
平成25年度(2013年度) 452名 7,948名 5.70%
平成24年度(2012年度) 389名 6,036名 6.40%
平成23年度(2011年度) 150名 5,680名 2.60%
平成22年度(2010年度) 99名 2,493名 4.00%

※日本病院会でも公開しております。一部の指標は後日公開させて頂きます。調査期間が違うため、日本病院会での公開の数値と違う場合があります。

この指標の詳細

患者様の中には、退院後6週間以内に予定外の再入院をされる方がおられます。その背景としては、初回入院時の治療が不十分であったことや、回復が不完全な状態での退院であったことなども考えられますが、前回入院と同一疾患での入院か、別の疾患での入院であったかの区別はされていません。このため、この指標は、平均在院日数との関連など、大きな枠の中での数値の変動を見ることとしています。
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook