クリニカルインディケーター

大腿骨近位端骨折術後感染率

概況

  • 分子:術後感染症件数
  • 分母:大腿骨近位端骨折手術件数

当院のデータ

年度 術後感染症件数 大腿骨近位端骨折手術件数 割合
令和1年度(2019年度) 2件 148件 1.4%
平成30年度(2018年度) 0件 175件 0%
平成29年度(2017年度) 2件 146件 1.4%
平成28年度(2016年度) 1件 129件 0.8%
平成27年度(2015年度) 0件 124件 0%
平成26年度(2014年度) 0件 123件 0%
平成25年度(2013年度) 1件 128件 0.8%
平成24年度(2012年度) 2件 111件 1.8%
平成23年度(2011年度) 1件 142件 0.7%
平成22年度(2010年度) 3件 120件 2.5%

※整形外科の指標は1月~12月の年間データとなります。

この指標の詳細

大腿骨近位部の骨折は高齢者の骨折であり、多くは内科的な疾患を合併した方々が対象となります。感染発生率は糖尿病やリウマチ、透析患者に多いことが報告されており、透析患者では実に50%の術後感染発生率という報告もあります。従って高齢者の手術における術後感染率が低ければ全体の感染率も低くなることが期待されます。

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook