クリニカルインディケーター

一般病棟入院患者におけるリハビリ実施率

概況

  • 分子:一般病棟リハビリ実施患者数
  • 分母:一般病棟入院患者数

当院のデータ

年度 一般病棟 リハビリ実施患者数 一般病棟 入院患者数 割合
令和1年度(2019年度) 52,277名 108,851名 48.0%
平成30年度(2018年度) 41,919名 110,522名 37.9%
平成29年度(2017年度) 41,301名 112,858名 36.6%
平成28年度(2016年度) 34,121名 109,249名 31.2%
平成27年度(2015年度) 48,787名 93,959名 51.9%
平成26年度(2014年度) 32.20%
平成25年度(2013年度) 51,984名 125,869名 41.3%
平成24年度(2012年度) 48,775名 123,398名 39.5%
平成23年度(2011年度) 42,997名 117,045名 36.7%
平成22年度(2010年度) 21,939名 72,732名 30.2%

この指標の詳細

一般病棟(急性期)においてリハビリテーションを実施することで、機能低下の予防と改善を図ります。一般病棟(急性期)におけるリハビリテーション室スタッフを増員させ、365日、可能な限り治療・訓練を提供するよう努めています。年々、リハビリテーション科に対する処方数は増加しており、リハビリテーション実施率を向上させることができています。今後も、急性期リハビリテーションの提供体制を充実させ、医療の質向上に努めていきたいと考えています。
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook