クリニカルインディケーター

乳房温存率

概況

  • 分子:乳房温存療法件数
  • 分母:乳癌全手術件数

当院のデータ

年度 乳房温存療法件数 乳癌全手術件数 割合
令和1年度(2019年度) 36件 54件 66.7%
平成30年度(2018年度) 38件 53件 71.7%
平成29年度(2017年度) 40件 58件 69.0%
平成28年度(2016年度) 35件 56件 62.5%
平成27年度(2015年度) 57件 57件 100%
平成26年度(2014年度) 26件 42件 61.9%
平成25年度(2013年度) 28件 50件 56.0%
平成24年度(2012年度) 18件 35件 51.4%
平成23年度(2011年度) 27件 42件 64.3%
平成22年度(2010年度) 22件 25件 88.0%

この指標の詳細

乳房切除術:乳房はすべて切除し、大胸筋・小胸筋を温存する方法です。腫瘍の範囲が広く乳房温存手術が困難な場合や乳房温存手術を希望しない場合の一般的な術式です。 乳房温存術:乳房の一部のみ切除する方法です。腫瘍径が小さい場合(乳癌学会のガイドラインでは3cm以下)で乳房温存を希望される場合に行います。多くの場合、残存乳房に術後、放射線治療(計25回)が必要となります。乳房温存手術は乳房内再発の可能性や整容性の問題もあり、全ての患者さんに勧められるものではありません。きちんとした術前評価の後、適応となる方のみが受けるべき手術術式です。全国の温存術の割合は60~70%程度です。

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook