クリニカルインディケーター

概況

  • 分子:血圧が140/90未満の患者数
  • 分母:高血圧薬内服患者数

当院のデータ

年度血圧が140/90未満の
患者数
高血圧薬内服患者数割合
平成30年度(2018年度)2,952名3,570名

82.7%

平成29年度(2017年度)3,007名3,662名

82.1%

平成28年度(2016年度)2,663名3,372名79.0%
平成27年度(2015年度)2,537名3,303名76.8%
平成26年度(2014年度)2,651名3,327名79.7%
平成25年度(2013年度)2,014名2,675名75.3%
平成24年度(2012年度)2,728名3,608名75.6%
平成23年度(2011年度)2,650名3,661名72.4%
平成22年度(2010年度)1,321名1,952名67.7%
B−1-1

この指標の詳細

当院で高血圧治療を受けられている患者さんの、外来での治療目標達成率です。2月と9月に調査しています。高血圧症は、もっとも患者数が多く、しかも脳血管障害や心筋梗塞など血管病の原因として大変重要な病気ですが、薬を服用していても、十分な降圧がなされていないと病気の予防効果は不十分です。降圧の目標は、高血圧以外に合併している病気によっても変わりますが、外来血圧で140/90以下にすることが推奨されています。

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook