クリニカルインディケーター

外来迅速検体検査の1時間以内報告率

概況

  • 分子:1時間以内の報告件数
  • 分母:対象検査数

当院のデータ

年度 1時間以内の報告件数 対象検査数 割合
令和1年度(2019年度) 47,088件 50,222件 93.8%
平成30年度(2018年度) 49,038件 49,488件 99.1%
平成29年度(2017年度) 48,629件 50,575件 96.2%
平成28年度(2016年度) 50,529件 52,108件 97.0%
平成27年度(2015年度) 57,558件 59,034件 97.5%
平成26年度(2014年度) 55,164件 56,753件 97.2%
平成25年度(2013年度) 53,393件 55,272件 96.6%
平成24年度(2012年度) 53,182件 54,953件 96.8%
平成23年度(2011年度) 50,105件 51,337件 97.6%
平成22年度(2010年度) 49,163件 49,659件 99.0%

この指標の詳細

患者さんから採取された検体(おもに血液)は、スピッツに項目別に分けられて届きます。1時間以内報告率は外来の患者さんへ出来るだけお待ちいただく時間をすくなく医療をスムーズに行なえているかの指標のひとつと考えています。
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook