クリニカルインディケーター

急性心筋梗塞患者における退院時ACE阻害剤もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤の投与割合

平成25年度より日本病院会 クリニカル・インディケータで新たに指標設定された項目です。

概況

  • 分子:分母のうち、退院時にACE阻害剤もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤が投与された症例数
  • 分母:急性心筋梗塞で入院し生存退院した症例数

当院のデータ

年度 分母のうち、退院時にACE阻害剤もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤が投与された症例数 急性心筋梗塞で入院し生存退院した症例数 割合
令和1年度(2019年度) 23名 36名 63.9%
平成30年度(2018年度) 20名 53名 37.7%
平成29年度(2017年度) 14名 45名 31.1%
平成28年度(2016年度) 21名 47名 44.7%※
平成27年度(2015年度) 14名 30名 46.7%
平成26年度(2014年度) 13名 40名 32.5%
平成25年度(2013年度) 12名 34名 35.3%
平成24年度(2012年度)
平成23年度(2011年度)
平成22年度(2010年度)

※日本病院会でも公開しております。一部の指標は後日公開させて頂きます。調査期間が違うため、日本病院会での公開の数値と違う場合があります。

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook