当院が目指す看護

当院が目指す看護

看護理念

あらゆる健康レベルの人を対象とし、常に相手の立場に立ち、かけがえのない生命と人間性を尊重し、みなさまが幸福であるよう看護を効率的・継続的に提供いたします。

基本方針

  1. 相手の立場に立ち、公平で思いやりのある態度で接します。
  2. 事故防止に努め、安全・安楽なケアを提供します。
  3. 自ら心身の健康の保持に努め、品性を高め、責任を持って行動します。
  4. 常に問題意識を持ち、研修・研究に積極的に参加し、自己啓発に努めます。

松波総合病院の看護部が目指すもの

患者さま本位の看護、寄り添う看護を提供するために。

看護部は、豊かな人間性と高い倫理観を持った「おもいやりと知識と技術の調和のとれた看護職」の育成をめざしています。当院は、ケアミックスの病院として活動する上で、患者さまに対し治療後の生活を見据え、個別性のあるケアを継続的に提供するために改善を図っています。また、全看護職員が仕事と生活の調和である「ワーク・ライフ・バランス」を基盤にして、看護師一人ひとりの自己実現に向けた支援を行っています。看護の質を高めつつ、能力を最大限に発揮することができる職場づくりをめざしています。

看護本部長 安江 三枝子

このページの先頭へ戻る