成長

新人研修

新人研修のねらい

看護師デビューの1年間は経験豊かな先輩看護師がパートナーとなり、しっかりとサポートしてくれるから心強くて安心。
個々のレベルに応じたきめ細やかな研修プログラムや教育支援ツールも充実し、技術・知識のスキルはもちろん精神的にも成長できます。

新人研修の流れ

定期的なフォローアップ研修を通して業務に関する行動改善やストレスの軽減を主体的に行いながら、職場に対応していきます。

4月:オリエンテーション研修

学校で学んだ知識・技術を実際に患者さまに活用する方法を講義・演習を通して学びます。

入職して1年間は新人バッジをつけます。病院全体で新人看護師を育てていきます。

5月:リフレッシュ研修

6月:フォローアップ研修(1)

ローテーション研修(病棟・ICU・手術室等)

主要部署をローテーションし自部署で経験しにくい看護技術を経験します。

ようこそノート作成研修

後輩のために1人づつアドバイスを書き込み、それを本にして新しく入った後輩に渡します。

8月:フォローアップ研修(2)

夜勤に入ってぶつかる様々な悩みを先輩のアドバイスを受けながら解決していきます。

9月:多重課題シミュレーション研修

複数の患者さまを受け持ち安全に対応できるよう、場面を作って練習します。

12月:フォローアップ研修(3)

ポートフォリオを使った発表により、8ヶ月間の自分の成長を確認します。

2月:フォローアップ研修(4)

2年目看護師へステップアップ

新人教育システム

現場教育(OJT)と集合教育(off-JT)との連携をはかり、新人看護師には実地指導者やサポーターがつき、教育担当者部署教育企画責任者がフォローしながら、病棟全体で知識・技術だけでなく精神的にもサポートします。

図:新人教育システム

PNS(パートナーシップナーシングシステム)

複数の患者さまを担当してもパートナーがいるから安心。

各病棟で副師長・主任をコアとしたグループ内で2人1組のパートナーを選定し、年間を通して活動しています。委員会活動や病棟内の役割をグループ内で補完し合い、新人教育においても日々のペアを組む先輩看護師が知識・技術の指導を行います。必ず2人で看護ケア・看護業務を行うので安心して業務ができます。

このページの先頭へ戻る