医療情報

「お薬手帳」は、いざというときも便利です

平成23年3月11日、東日本大震災が発生しました。 被災者の中には薬の服用が必要な患者さまも多く、その中には適切な薬の供給を受けられない方もいました。原因として震災直後による薬不足、服用中の薬がわからない、薬剤師不足による適切な薬の選択ができない、薬の飲み合わせを確認することができないなど問題点が多くありました。 このようなことを防ぐために、保険証と一緒に「お薬手帳」があると便利です。お薬手帳は現在服用している薬の種類や服用方法がわかるため、医療スタッフに見せることにより、混乱している現場でも誤薬を防ぐことができます。お薬手帳を持っていなくてもお薬説明書や飲んだ後の空シートでもわかります。 災害時でも困らないように、現在服用している薬がわかるものを保管しておくと役に立つでしょう。
関連情報
薬剤部のご案内 お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook