医療情報

喫煙はニコチン依存が原因で起こる病気です。

タバコはお金もかかるし、体に悪いのもわかっている。なのに、なかなかやめられないのはなぜでしょう?それは、決して意志が弱いからではなく、ニコチンのもつ強い依存症が原因です。ニコチン依存は病気ですから、意志の力だけではなかなか克服できないのです。当院の禁煙外来では、専門医の指導のもと、適切な治療とサポートで、あなたの禁煙をお手伝いします。

タバコはなぜ体に悪いの?

タバコに含まれる有害物質

タバコには4000種類以上の化学物質が含まれています。そのうち200種類以上が強い発ガン性や体内毒性をもつ有害物質です。タバコの害が及ぶのは喫煙者本人だけではありません。家族や友人など、周囲にいる方々の健康も損なわれます。

タバコが関係している病気

肺がんやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、認知症、心筋梗塞、骨折、脳卒中、全身のがんなど、さまざまな病気にかかりやすくなります。また、糖尿病のリスクも高くなると言われています。

当院の禁煙外来は、保険診療で受けられます。

健康保険を使った禁煙治療では、12週間で5回の治療を行います。初回診療ではまずニコチン依存度や禁煙への関心度などをチェックし、保険診療が受けられるかどうか確認します。毎回の診察では、医師から喫煙状況の問診やアドバイスを受け、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。

保険診療による禁煙治療のスケジュール

image01[1]

禁煙が成功したら、うれしいことがたくさん待っています!

がんや心臓病など、喫煙によって引き起こされる病気の発症や死亡の危険性が減少するほか、咳やたんが止まった、食べ物がおいしくなった、などの効果が実感できます。

吸ったつもりで500円玉貯金!!

image02[1]

当院で治療を受け、禁煙に成功した患者さまの一人は、「タバコを吸ったつもりで毎日500円玉貯金をしたら、3ヶ月で45,000円に!」と笑顔で話されていました。

安田先生からメッセージ

二人三脚で、禁煙を成功させましょう!!

禁断症状を軽くする「ニコチンパッチ」、禁煙薬「チャンピックス」など、効果の高い治療薬の登場で、禁煙は思っているよりもずっとラクにできるようになりました。当院では5回の治療で98%の方が禁煙に成功しています。また、禁煙を始めた方で、つい1本吸ってしまったと、挫折してしまう方も多くいらっしゃいます。1本吸ってしまっても、あきらめる必要はありません。ぜひ再チャレンジして、禁煙を成功させましょう。
松波総合病院 臨床検査部 部長 安田 圭吾

image03[1]

略歴はこちら
関連情報
お問い合わせ
医療情報
松波総合病院
  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook