法人について

くるみんマークの認定について

当法人は次世代育成支援対策推進法第13条に基づく認定を受けています。

「仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組む企業」として、2015年度岐阜県で第1号のくるみんマークの取得をしました。これで2007年、2011年、2013年に次いで4度目の認定となります。 これは、法人全体として各部署職員の育児休業への理解、取組みが反映された結果であります。 当法人は、今後も継続して取得出来る様に取り組んでいきたいと思います。

次世代認定マーク愛称「くるみん」とは・・・

5095085545593877ed3918

くるみんとは、「くるみんマーク」、「くるみん認定マーク」、「次世代認定マーク」、「次世代育成支援認定マーク」などと呼ばれるものの愛称名です。

少子化対策を計り子育て支援など一定の基準を満たした企業や法人などが厚生労働省によって認定され、そのマークを広告や商品(役務も含む)などに付け加えることができるものとなっています。

「子どもが優しく”くるまれている”」という意味と、「職場”ぐるみ、”会社”ぐるみ”で両立支援に取り組む」という、2つの意味が込められています。

当法人からのコメント

平成19年に「くるみん」を取得し、各種採用活動におけるパンフレット及びホームページへの掲載など、「仕事と子育ての両立支援に取り組む企業」として、対外的イメージアップを図った結果、看護師の応募者が増加、採用人数も増え、平成20年7月より一般病棟入院基本料 7:1を取得することができました。

また、県外の女性医師からは働きやすい環境という点で応募頂き、採用に至っております。男性医師に対しても同様に両立しやすい環境を提供すべく改善を図っております。働きやすい職場を目指している当院にとっても、その効果は大きく大変良かったと思っております。

今回の取得により、一層仕事と子育ての両立支援に取り組んでいく所存です。

岐阜県子育て支援エクセセレント企業認定について

岐阜県子育て支援エクセレント企業認定とは

仕事と家族を両立して働き続けられる職場環境の実現は、企業にとっては、人材の確保・定着や従業員の働く意欲の向上、生産性アップにもつながる一方、労働者にとっては、子育ての時間や地域との関わりを持ちながら、やりがいや充実感を持って働くことにつながります。岐阜県では、平成19年度から、従業員の仕事と家族の両立支援や女性の活躍推進に取り組む企業を「岐阜県子育て支援企業」として登録し、その中でも、他の模範となる優れた取り組みを行う企業を平成23年度から「岐阜県子育て支援エクセレント企業」として認定しています。  

 

当法人からのコメント

平成29年2月23日(木)、岐阜都ホテルで行われました認定式において、当法人は平成28年度岐阜県子育て支援エクセレント企業に認定されました。 これは、岐阜県が、ワーク・ライフ・バランスに先進的に取り組む企業・団体を認定する制度です。平成23年度に創設され、これまでに県内の55社が認定されております。今年度は当法人も含め、14社が認定されました。 ワーク・ライフ・バランスを推進する企業は人材確保や従業員の働く意欲の向上、さらには生産性アップにつながるとともに、従業員にとっては、子育ての時間等やりがい、充実感を持って働くことにもつながります。 今後も、法人全体でワーク・ライフ・バランスを推進していきたいと思います。

  • 松波総合病院 facebook
  • 松波総合病院介護老人保健施設 facebook